総武沿線に用事があったついでに亀戸天神に寄ってみた。
天神様では定番の梅や、江戸名所に数えられる藤の季節にはとても賑わう場所であるが、 普段は結構閑散としている。
四代将軍徳川家綱の時代、江戸幕府による明暦の大火の復興事業の一環として 寛文2年(1662年)に亀戸天神は造営されたのだという。
今年は御鎮座350年目ということで、夏には本社神輿の渡御が行われていたが、 現在は、特別宝物展が開催されているらしい。
kame3
太鼓橋の向こう、社殿の隣に建つ社務所が宝物展の会場となっている。
kame1
kame2 展示されているのは、掛け軸、巻物、太刀、浮世絵なので、 いかにも、神社に奉納されされていそうなものである。
書では正親町天皇や後陽成天皇など朝廷との関連が、 画では狩野探幽を初めとする御用絵師狩野派の名が印象に残る。
いづれも創建当初より、格式の高い神社であったことを窺わせるものだ。
また、浮世絵には、季節の境内や行事などを通して、庶民に人気の場所である様子が描かれている。
これが今、無料で見られる。

今日は、亀戸にある会社の中から日本フォームサービス の株を見てみる。
亀戸天神の鳥居が面している蔵前橋通り沿いの亀戸4丁目にある会社だ。
情報通信機器用収納ラックなどIT関連の設備機器メーカーで、 介護や太陽光発電の事業も手掛けているという。 取引先は官公庁が多いようだ。
業績は、順調に増益予想になっているのだが、 この株は流動性に乏しいようで、今日も昨日も値がついておらず、 予想PERや配当率も空欄になっている。

日本フォームサービス (2012/10/10)
JASDAQ(その他製品)
決算 9月(権利確定月)
株価 ---円(180円〜168円)(1000株単位)
PER ---倍
PBR ---倍
配当 5円(---%)