今年も、谷根千エリアのお祭りに出かけた。
6日の谷中まつりに続いて、今日は根津・千駄木でイベントが開催されている。
2012年 谷中まつり >>     2011年 根津・千駄木下町まつり >>
まずは、千駄木の団子坂を上り、鴎外特別企画展会場だという汐見地域活動センターに入る。
今年は、森鴎外生誕150年という企画に文京区が力を入れているようで、
ここでは、根津千駄木周辺の古い写真や文京区ゆかりの文化人についてのパネル展示などが地味に行われている。
意外にもスタンプラリーがあるせいでそれなりに人出もある。
ただ、この記念撮影コーナーで写真を撮る姿は見られなかった・・・
n10
団子坂の道の向こう側に11月開館予定の「文京区立森鴎外記念館」がある。
いかにも、箱物という感想を抱かせる外観であるが・・・
開館前の今日はまだ、何も見られるものがなかったが割引券が配られてた。
n9
この森鴎外記念館は、鴎外の旧居(観潮楼)の跡地に建つ施設なのだという。
B1Fが展示室で、2Fに図書館、1Fはミュージアムショップやカフェになっているという。 カフェからは庭園が見えるというが・・・これ?
n11
団子坂を下りて根津方面に向かう。
n8
不忍通りにある「根津のたいやき」。
今日のようなイベントのある日には、いつも行列が出来る人気店だ。
n7
縁日の屋台が並ぶメイン会場の根津神社に来た。
イベントスペースは山門の前で、そこには人垣が出来ている。
n6
何やら、子供が太鼓を抱えてを打っている。
n5
根津神社を後にして、不忍通りに出てくると人力車が前を走っている。
このお祭りでは毎年、無料体験乗車みたいなのをやっている。
n4
不忍通りを少しそれて宮永仲通りに入る。
明治の3階建て木造建築「はん亭」の屋台が人気を集めている。
n3
和太鼓の演奏が始まった。ここでも打っているのは子供だ。
n2
今度は大人3人での太鼓だ。
n1

今日は、昨年同様、お祭りのスポンサー企業の一つ東天紅の株を見てみる。
東天紅は、不忍池のに面した池之端に本店を構える中華レストランで、 現在、上海蟹フェアなんてやってるらしい。 この前を通りかかることは、よくあるのだが入ったことはない。
四季報の業績予想には「営業黒字」とある。
どうやら、震災で減っていた宴会などの需要が回復しているようで、昨年の赤字からなんとか黒字転換すると見られている。

東天紅 (2012/10/20)
東証1部(小売業)
決算 2月
株価 194円(1000株単位)
PER 0倍
PBR 0.55倍
配当 0円(0%)
株主優待(2月 8月) 飲食等20%割引券