都心にもそろそろ紅葉シーズンが訪れそうだ。
春先は、梅や桜の季節到来が遅いなんてことがとニュースにもなっていたが、
果たして秋の紅葉は?
シーズンに先駆けて、まずは、今年も古河庭園にやって来た。
日本庭園の池を見下ろすとオレンジのハゼノキが見える。
f10
まだ数少ない赤いモミジの木。
f9
池に映るハゼノキ。
f8
雪見灯篭とモミジ。
f7
雪見灯篭とハゼノキ。
f5
紅葉の進み具合は、去年よりは、ちょっと早く、 一昨年よりは、ちょっと遅い感じか・・・今年も夏が長かったからなあ・・・
f4
一応、秋のバラの季節でもあるらしいが、疎らにしか咲いていない。
f3

といったところで、今日は、古河財閥ゆかりの企業の一つADEKA の株を見てみる。 ADEKAは、旧社名を旭電化工業という化学工業製品と業務用食品のメーカーであるという。
創業は大正6年、大正4年に古河合名会社が中心となって設立した苛性ソーダ製造の東京電化工業所がルーツで、 現在は、半導体の素材などを手がけつつ、マーガリンなんかも作っている会社ということらしい。
四季報の業績予想は「減額」。食品部門は健闘しているが、化学品では国内の液晶向けが苦戦しているらしい。

ADEKA (2012/11/16)
東証1部(化学)
決算 3月
株価 648円(100株単位)
PER 11.78倍
PBR 0.53倍
配当 22円(3.4%)