この日は、つかの間、僅かに寒さが和らいで感じる陽気となった。
閑散としたこの町並みは、雑司ヶ谷鬼子母神の参道だ。
天然記念物だというケヤキ並木も、この時期はただの枯れ木だ。

鬼子母神堂の境内は、常に樹木が影を落とす薄暗い場所だ。

せっかくなので、漠然と株の成功をお参りしていく。
すっかり、今の上昇相場に乗り遅れ・・・乗りそこねか・・・ているのだが。

都電荒川線の踏切を渡り、鬼子母神通りの商店街に入ってきた。
この後は、神田川方面に向かって歩いて行く。
江戸時代の雑司が谷村から下高田村へとエリアが移る。

鬼子母神の近くから、この辺りまで旧鎌倉街道の道筋を来たことになるらしい。
坂を下った(宿坂だとか)先の豊島区高田2丁目に金乗院がある。
観音さまを本尊とする真言宗寺院であるが、目白不動で知られている。
江戸時代、山門の向かいには備後福山藩阿部家が、背後は播磨明石藩松平家の屋敷があったようだ。

金乗院は、江戸名所図会に描かれるなど、それなりに有名な場所であったと思われるが、 当時、目白不動は、ここになく、神田川沿いの関口駒井町にあったという。 ここには、昭和の戦災により移ってきたらしい。

その目白不動尊。

少し先には、南蔵院という真言宗寺院もある。
現在は、取り立てて変わったお寺ではないが、ここも江戸名所図会に紹介された高田村の名所で、三代将軍徳川家光もしばしば訪れたという。
江戸時代の南蔵院の周囲は田園風景が広がる今とは似ても似つかない様相であったらしい。

真ん中の小さな石は、彰義隊士9人の首塚であるらしい。
付近で最期を迎えた隊士が葬られたようなのだが、墓碑は、判読不能(何もない?)で、卒塔婆に“彰義隊”とあることから辛うじてそれと分かる。

神田川(昔は江戸川だったらしい)に架かる面影橋まで来た。
ここからは、この川沿いを下流に向かって歩いて行く。

面影橋の袂にあるオリジン電気は通信用電源機器と合成樹脂塗料を事業の柱とする東証1部企業だ。
門前には、太田道灌の伝説「山吹の里」の碑なんてものも建っている。

不意に、この周囲の一画だけ、住所が西早稲田3丁目になる。
基本的に神田川を挟んで、こちらは豊島区高田、対岸が新宿区西早稲田なのだが、江戸時代の地図では川が蛇行しており、 川が直線的に整備された後も、区割りだけは踏襲されているようだ。
それで、この建物は、東京染ものがたり博物館(富田染芸)だという。
新宿区の地場産業である東京染小紋を紹介する小さな博物館なのだとか。

番猫?

工房と書かれた扉を入ってみると、人っ子一人いない。
製作工程や商品の展示もされているが、あまりにも人気がなく・・・ 現在は、使用されていないようにも見えるが、染め物体験なども行われているらしい。
なかなか普段見ることない光景であるが、 それにしても人影がない・・・

料金表があるので、営業はしているようだ。
“悉皆屋”とは馴染みのない言葉だが、どうやら、着物のメンテナンスを請け負う仕事の事らしい。


パート2では、文京区目白台へと入いっていく

今日は、染色業界の中から愛知県一宮市に本社を置く染色整理メーカー
ソトー の株を見てみる。
ソトーは、大正12年設立の一宮整理株式会社に始まる毛織物染色の大手だ。 衣類の生地に染色加工を施す会社であるが、不動産賃貸なども手掛け、それが利益の柱となっているらしい。
四季報によると業績は増益予想で、ワールドと合弁で立ち上げたテキスタイル(デザイン)事業が好転しているのだという。

ソトー (2013/1/26)
東証2部(繊維製品)
決算 3月(権利確定月)
株価 806円(100株単位)
PER 25.51倍
PBR 0.72倍
配当 40円(4.96%)