江戸時代の亀戸界隈は梅の名所地であった。
亀戸天満宮は今も残る名所であるが、北十間川寄りには亀戸の梅屋敷が、
となり村の小村井村にも梅屋敷と呼ばれる梅園があった。
特に、亀戸の梅屋敷には、広重が描きゴッホが模写したことで有名な臥龍梅があったが、 いづれの梅屋敷も現存していない。
昨年は、1ヶ月も季節が遅れた梅の開花がニュースになっていが、
今年も寒い2月となり梅のシーズンはやや遅れ気味らしい。

小村井香取神社には香梅園という小さな梅園があり、江戸名所だった梅屋敷の歴史を伝えている。

パッと目に、まだ、半分も咲いてない感じか。

咲いている木もあるにはあるが・・・

まだ、こんな木も多い。


亀戸天神では、この時期定番の猿回しが演じられている。

開花状況は、こちらもまだまだ。

菅原道真の絵馬。

早咲きの梅。


今日は、亀戸にある会社の中から三洋工業の株を見てみる。
三洋工業は、天井・床・壁下地材の大手建材メーカーだ。
体育館などの公共施設向けに高いシェアがあり、学校の耐震化など追い風になる政策もありそうだ。
四季報の業績予想は「減益」。震災の復興需要が寄与するものの、商業施設向けが不振なのだとか。

三洋工業(2013/2/23)
東証1部(金属製品)
決算 3月(権利確定月)
株価 173円(1000株単位)
PER 11.69倍
PBR 0.58倍
配当 5円(2.99%)