ついこの間まで、梅の開花が遅いと言っていたのに、 桜の季節は駆け足でやって来た。 今日は、都内でも満開になったとかで、記録的な速さらしい。
今年、最初の桜は、浅草寺 伝法院の枝垂れ桜だ。
伝法院の庭園は、小堀遠州が造ったとされる名園で、書院の横と池の畔に枝垂れ桜がある。 普段は、公開されていない場所であるが、昨年に続いて
今年もこの季節に一般公開されている。
伝法院
伝法院
おそらく最も人気のポイントがここ。
池越しに、桜・五重塔・書院・スカイツリーが一望できる。
写真だと閑散として見えるが、両隣に何人もカメラを構える行楽客の姿がある。
伝法院
伝法院
石塔とスカイツリー。
伝法院

隅田公園も見頃を迎えており、花見客が繰り出している。
隅田公園
やはり、被写体としてスカイツリーは人気だ。
さすがに、外からは見慣れた気もするが、いつ上に上がれることやら・・・
隅田公園

隅田公園(台東区側)の付近に、今戸神社がある。
源氏御用達の八幡宮系列なので、その由来は、源頼義・義家親子の奥州討伐に関する定番のものだ。
浅草の七福神(福禄寿)にライナップされている神社であるが、その他にも、
何やら、いろいろと標榜している。
まず、今戸焼発祥の地で、招き猫も発祥の地で・・・
新撰組 沖田総司の終焉の地らしい。
今戸神社
今戸焼は、確かに今戸のものであろうが・・・
招き猫の発祥地に関しては世田谷の豪徳寺などのライバルがいる。
まあ、この手のものは、言った者勝ち的な印象がなくもないが・・・
ちなみに、豪徳寺は彦根藩井伊家の菩提寺であり、それ故、豪徳寺の猫は、
“ひこにゃん”のルーツとも言われる強敵である。
今戸神社
沖田総司終焉の地に関しても、千駄ヶ谷にあった植木屋という説もあるようで、
はっきりしないが、 当時、沖田を診ていた松本良順の患者が神社の境内に収容されていたのだという。
今戸神社
ここで、一番のインパクトを放つ招き猫たち。
ライバルに打ち勝つには、ひこにゃんを超えるゆるキャラの誕生が必要か?
今戸神社

といったところで、今日は、浅草に本社がある アマガサの株を見てみる。
アマガサは、ノンレザー素材を用いた婦人靴のデザイン・企画、卸売販売、小売販売を行ってる会社で、 JELLY BEANSとMINXというブランドを中心に靴専門店や百貨店などに卸しているらしい。
業績予想は「微増益」で、その理由はいくつもあるようだが、特に大きな変動要因はなさそうだ。

アマガサ (2013/3/22)
JASDAQ(卸売業)
決算 1月(権利確定月)
株価 850円(100株単位)
PER 9.6倍
PBR 0.87倍
配当 16円(1.88%)