現在、上野の国立博物館では、「大神社展」が開催されている。
“大神社”とは、大雑把な分かるようで、よく分からないタイトルであるが、要は、 神社が所蔵している宝物が見られるということらしい。
銅鏡など古代の出土品から絵画、装束、武具など多岐にわたる宝物の中で、 見慣れない“神像”が多く出品されている印象を受ける。
普段あまりイメージすることのない神像だが、仏像との違いは歴然で、人の姿をしている。 多くは衣冠装束や着物姿で平安の宮廷人がモデルであるようだ。
おそらく、神仏習合が広まってからは仏像が主流となったのではないかと思う。
美術品では、「日吉山王祇園祭礼図屏風」が、印象的だ。 右に琵琶湖の船渡御、左に京の祇園祭と異なるテーマが描かれている変わった屏風で、 これは、大和絵の主流、土佐派による室町時代の作品であるという。

白糸威鎧 鎌倉時代以降は、武士の時代であり、やはり、奉納太刀や弓、甲冑などの武具には目を引くものが多い。
「国宝 白糸威鎧」は、島根の日御碕神社に伝わる鎌倉時代の大鎧で、以前に常設展で見たことがある。
(画像は、その時のもの)
源頼朝が奉納したと伝わる甲冑で、江戸時代に松江藩主、松平治郷により修理されたことが記されているという。
兜も含め重量は18.76kgであるらしい。

不動三尊像や倶利伽羅竜が描かれているという。
白糸威鎧
家紋は花菱輪違文なのだとか。
白糸威鎧

といったところで、 今日は、展覧会スポンサー企業の株を見てみる。
  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス
    三井住友海上、あいおい損保、ニッセイ同和が合併して出来た国内最大の損保持株会社。 あいおいニッセイ同和損保が大神社展の協賛企業として名を連ねている。
  • 大日本印刷
    印刷業界のトップ企業。エレクトロニクス事業の液晶フィルターでは、
    世界シェアを持っている。
  • トヨタ自動車
    世界トップを争う自動車会社。HV車でもリード。
  • 三菱商事
    国内トップの総合商社。エネルギー関連が強い。
アベノミクス効果で、すっかり割安感の薄れた日本市場であるが、総合商社ではPERが低く割安に見える株が多い。
株価単元 PERPBR 配当率業績予想
MS&ADホールディングス(東証1部) [保険業]
2,498円100株 56.52倍1.15倍 2.16%復 調
大日本印刷(東証1部) [その他製品]
931円1000株 54.44倍0.7倍 3.44%増 益
トヨタ自動車(東証1部) [輸送用機器]
5,430円100株 21.77倍1.6倍 1.1%増 益
三菱商事(東証1部) [卸売業]
1,722円100株 8.13倍0.81倍 2.9%底入れ