梅雨入りしたはずなのに、雨は振らず、すでに夏の暑さ・・・
今日は、なんとなく、深川の清澄庭園へとやって来た。
清澄庭園
窓ガラスに移る日本庭園。
清澄庭園
園内の随所に置かれている石は、岩崎家が集めたという名石だ。
清澄庭園
アジサイと明治の建造物「涼亭」。
あじさい
あじさい
アオサギ。こういった場所ではよく見かける鳥だ。
アオサギ
池から上がってきた亀。
かめ
池から上がって来そうなスッポン。
すっぽん
草陰から出てきたカナヘビ。
カナヘビ
着地したアゲハチョウ。
アゲハ
東京は花菖蒲の季節になっている。
清澄庭園
相変わらず品種などは分からないが、今が旬の植物だ。
清澄庭園

清澄庭園は、初代三菱財閥総帥の岩崎弥太郎が取得し、2代目の弥之助(弟)の時代に完成したのだという。 といったところで、今日は、当時、三菱の中核を担った長崎造船所をルーツとする 三菱重工の株を見てみる。
依然として、相場は荒れ模様が続いているが、今回は3ヶ月と3年のチャートを比べてみる。
< 三菱重工のチャート 3ヶ月 日足 >
東証1部の株なので、予想通り、短期ではデッドクロスだ。
ただ、業績予想は「続伸」らしい。
PERの17.1倍と配当率の1.37%では、特に過熱感も割安感もない感じか。

< 三菱重工のチャート 3年 週足 >
長いチャートでは、まだ、上昇トレンド継続中か?
ちょうど、ラインまで落ちて来たところで反発するのかどうか・・・
とは言え、日経平均に引きづられるだろうから、しばらくはヘッジファンドの仕掛けがどちらに向かうか・・・それに尽きるか。