今年も南千住の千住間道で神輿が揺さぶられる。
見えてきたのは、神輿連合渡御の祭列だ。
ちなみに昨年は、この素盞雄神社 天王祭の本祭りで、 本社神輿渡御
神幸祭の行列もあった。
天王祭
この後に各町の神輿が続いている。
天王祭
まずは、各町の子供神輿が進んでくる。
天王祭と言えば神輿振り。子供神輿だって揺さぶる。
天王祭
各町とも懸命に神輿を倒す。
天王祭
豪快に振られる大人神輿。
「菅苗」と読める。意味は分からないが、荒川八丁目あたりの組織らしい。
天王祭
少し進んではスウィングを繰り返す。
「諏訪」とあるのは、明治あたりの旧地名だと思う。
「宮元」という半纏も見えるので中心的な町会なのかもしれない。
天王祭
「若宮」の神輿。
明治の地図には、南千住町に“字 若宮”があり、現在は若宮八幡宮がある。
天王祭
「西文化」と読めるが・・・荒川1丁目あたりの組織らしい。
天王祭
限界まで倒す。
神輿には「間道睦」と見える。たぶん、この道のことだろう。
天王祭
神輿のマークは「六本」、半纏には「南千六」・・・南千住6丁目か。
ちょうど、信号に「南千住六丁目」とある。
天王祭
突入ギリギリまで、セブンイレブンに迫る「六本」の神輿。
天王祭
とにかく神輿を揺さぶる祭だ。
天王祭

といったところで、今日は、傘下のセブン‐イレブンが中核企業となっている
セブン&アイ・ホールディングス の株をみてみる。
昨日、注目した三菱重工と同様に3ヶ月と3年のチャートを比べてみたが、
やはり、東証1部の株ということで、ほとんど同じに見える。
乱高下しながら下降に転じたと見える株式相場だが、 セブン&アイの業績は好調らしく、最高益の連続更新と連続増配が予想されている。
< セブン&アイ・ホールディングスのチャート 3ヶ月 日足 >
短期のチャートは、言うまでもなくデッドクロス。

< セブン&アイ・ホールディングスのチャート 3年 週足 >
長期チャートは、上昇トレンドで、踏みとどまるかどうかというタイミングだ。