コアの株主優待 IT企業コアの株主優待は、今年も変わりなく国立博物館のパスポート引換券だ。 これで、特別展を6回、常設展はフリーで観ることが出来る。
この株は、それほどアベノミクス相場で賑わった感じもなく、まあ、上がるには上がったが、今のチャートは、やはりデッドクロスしている。
業績予想は「小幅改善」と地味だが、配当率は現在2.83%あり、株主優待があることを考えれば悪くない。

前期の株主優待では、現在まで、こんな特別展を観た。
※ クリックでその日の日記に
青山杉雨の眼と書 中国王朝の至宝 出雲−聖地の至宝
飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡― 大神社展

常設展のからも企画展示で観た織田信長の肖像画を取り上げてみる。
織田信長像
この「織田信長像」は、幕末に蜷川式胤が模写したもので、 オリジナルは京都大雲院に伝わるものであるという。
蜷川式胤は、明治政府の官僚であるが、「旧江戸城写真帖」の作成を企画するなど、 価値観が洋風化する時世の中で、日本文化の継承に強い意欲を持っていた人物だと思われる。
また、この東京国立博物館の設立にも携わっていたという。


コア(2013/6/12)
東証1部 (情報・通信業)
決算 3月(権利確定月)
株価 706円(100株単位)
PER 17.48倍
PBR 1.28倍
配当 20円(2.83%)
優待内容 株 数
国立博物館共通パスポート 1枚 200株以上
2枚 1,000株以上
5枚 10,000株以上
10枚 10万株以上