真夏の江戸東京博物館に来た。
現在、開催中の特別展は「花開く 江戸の園芸」。
近頃、浜離宮六義園など 都の庭園を回っていたが、そこに置いてあった
スタンプラリーの景品がこの展覧会の招待券だった。
江戸東京博物館 江戸東京博物館
明治維新の近代化により、価値観が急速に欧米化した日本では、 日本画や伝統工芸など、文化的にも忘れられていったものが少なくないという。
江戸の園芸という分野もその一つであろうか。
江戸時代の日本は、武家の庭園から長屋の路地まで、世界にも稀な園芸大国であったという。
特に駒込の染井村や巣鴨は植木屋街として知られ、当時の絵図に記された植木屋の庭などは、さながら植物園のように見える。
生産者としては、染井村の伊藤伊兵衛が有名で栽培方法などが記されているという園芸書も展示されている。
ちょっと、マイナーなテーマであるが、展示の中心となるのは、歌川広重、国貞、国芳などの名所絵なので、 浮世絵ファンあたりにも楽しめる内容ではないかと思う。

常設展示に、変化朝顔の模型があった。
朝顔は、江戸時代に品種改良が非常に流行していたらしいのだが、
それが、朝顔に見えない域にまで達している。
江戸東京博物館

といったことろで、今日は、園芸関連の株をいくつか探してみる。
  • ユニバーサル園芸社
    オフィスやホテル、商業施設などへ観葉植物のレンタルが主力事業。
    園芸関連商品の販売や造園事業も手がける。
  • コメリ
    新潟を拠点としてホームセンターを全国展開している。
    園芸関連が主力商品の一つとなっている。
  • フマキラー
    創業明治23年の老舗殺虫剤メーカー。
    害虫駆除や除草剤など園芸関連商品も扱う。
株価単元 PERPBR 配当率業績予想
ユニバーサル園芸社(JASDAQ) [サービス業]
2,800円100株 9.38倍1.79 0.78%営業益続伸
株主優待 なし
コメリ(東証1部) [小売業]
2,453円100株 12.02倍0.99倍 1.47%最高益
株主優待 自社ギフトカード
フマキラー(東証2部) [化学]
292円1000株 41.71倍1.27倍 1.71%浮 上
株主優待 3,000円相当の自社商品詰合せ(殺虫剤・除菌剤等)