今回も株主優待のパスポートで上野の国立博物館を訪れた。
現在は、「京都 洛中洛外図と障壁画の美」が開催されている。
内容は、2部構成で、前半は洛中洛外図屏風の有名どころが並び、 後半は、京の障壁画を代表して、御所、龍安寺、二条城ゆかりの屏風絵や襖絵が展示されている。
全体的に、大きな作品がドンと展示されており、数は多くないのだが、なかなか見応えがあった。

会場に入るとすぐ、4分割の大画面で「洛中洛外図屏風 舟木本」の名場面が映しだされている。
これは、この東京国立博物館が所蔵する洛中洛外図で、ミュージアムシアターのバーチャル映像などでもお馴染みだ。
作者は、岩佐又兵衛と言われ、江戸初期の京を描いている。
未だ、豊臣家が健在の時代であり、方広寺大仏殿が象徴として描かれている。
洛中洛外図 舟木本
「洛中洛外図 勝興寺本」。狩野孝信の工房で作成されたものとされている。
これも江戸初期を描いたもので、徳川家の象徴として二条城が大きく描かれているが、 祇園祭の神輿が二条城に還幸した場面であるという。
洛中洛外図 勝興寺本
「洛中洛外図屏風 歴博乙本」。国立歴史民俗博物館が所蔵している。
この屏風に描かれているのは室町後期の京で、作者は、狩野永徳の父 松栄、あるいは弟の宗秀と言われている。
御所では、宮中の正月行事である左義長が行われている。
洛中洛外図 歴博乙本
左端に描かれた建物は北野天満宮で、その右斜め上のチラッと見える屋根が
石庭で知られる龍安寺らしい。
洛中洛外図 歴博乙本
洛中洛外図と言えば、この「洛中洛外図 上杉本」が有名だ。
室町幕府13代将軍足利義輝が狩野永徳に制作を依頼し、後に織田信長が、
上杉謙信に贈ったとされるものだ。
屏風には、将軍の邸宅に向かう行列が描かれているが、輿に乗る人物が、
上杉謙信ではないかとも言われている。
r4
かなり、歴史背景も推定されている作品であるが、義輝が松永久秀に攻め滅ぼされた事により、この屏風の来歴は確定しているとは言えないようだ。
その松永久秀の邸宅も描かれている。
r3

後半の見どころは、なんといっても、4K映像で見る龍安寺 石庭の四季だ。
桜の風景で有名な石庭であるが、紅葉や雪景色など季節の移り変わりが高画質のワイドスクリーンで再現されている。
最後は、二条城の障壁画だ。 壁一面に上下も使って配置するスケールの大きな展示で、これも、かなりインパクトがあった。

といったところで、今日は、龍安寺 石庭の4K映像を撮影したカメラのメーカー キャノンと、 その子会社で展覧会のスポンサー企業に名を連ねる キヤノンマーケティングジャパンの株を見てみる。
  • キャノン
    カメラ、ビデオなの映像機器やプリンタ、複写機などの事務機器で日本を代表する企業。近頃は一眼レフカメラのシェアが大きい。
  • キヤノンマーケティングジャパン
    複合機、カメラ、インクジェットプリンタなど、キヤノン製品の国内販売と修理を行う会社。
株価単元 PERPBR 配当率業績予想
キャノン (東証1部) [電気機器]
3,120円100株 16.01倍1.34倍 4.17%増益幅縮小
キヤノンマーケティングジャパン(東証1部) [卸売業]
1,325円100株 18.87倍0.69倍 1.81%増 益