晴天となった正月の2日目。今日は、直射日光が暑く感じるくらいだ。
今年も浜離宮の諏訪流放鷹術を見学に来たのだが・・・
なんとなく、空いているところに座ってしまったら、人の頭しか見えない・・・
それでも、なんとか、群衆の隙間から垣間見えたスタンバイ中のオオタカ。
諏訪流放鷹術
鷹匠とオオタカのバックショット。
というよりも、角度的に、これしか見えない・・・
諏訪流放鷹術
樹の枝に止まるオオタカ。
ここから、鷹匠が呼び戻すという訓練だ。
諏訪流放鷹術
鷹匠の体験コーナー。
低空で飛び立つハリスホーク(モモアカノスリ)。
諏訪流放鷹術
戻ってきた。
諏訪流放鷹術
メインイベントは、電通ビル屋上からのオオタカのダイブだ。
従来は、ハヤブサだったのだが、確か去年、脱走したと浜離宮のHPで見たような気がする。
鷹匠が、囮の白鳩と笛の音で呼ぶと、オオタカが飛びたった。
諏訪流放鷹術
飛び立ったオオタカは、鳥に囲まれ追い回される。
解説によると、縄張りを主張する野生の鷹に襲われているようだ。
その鷹たちの抗争を撮ったつもりだったが、大空に黒い点が写っただけだった。
主役だったはずのオオタカは、海沿いに逃れてしまったようで、イベントはこれで終了。 この後、鷹匠が迎えに行くのだという。
諏訪流放鷹術
出番を終えたハリスホーク(モモアカノスリ)。
諏訪流放鷹術
電通ビルに登らなかった方のオオタカ。
諏訪流放鷹術

浜離宮からおよそ10分歩き、築地本願寺で初詣。
いわゆる西本願寺の別院であるが、インド洋式だという、どうもしっくり来ない感じの外観が印象的だ。
築地本願寺
とりあえず、今年もお約束で、良い株が見つかるよう祈願してみた。
築地本願寺

といったところで、今日は、築地本願寺がある築地3丁目に本社を構える
小僧寿しの株を見てみる。
近頃は、近所に見かけなくなり、しばらく食べた記憶が無い「小僧寿し」であるが、 創業は昭和39年、直営店とフランチャイズ形式で展開している。
印象になかったが回転寿司や宅配寿司の事業もあるらしい。
四季報の業績コメントは「均衡圏」とピンとこない表現に・・・
2012年に、2006年から傘下に入っていた「すかいらーく」との資本提携を解消しているが、 経営が安定しているわけではないようで、リストラで持ちこたえているといった感じであろうか。

小僧寿し (2014/1/2)
JASDAQ(小売業)
決算 12月(権利確定月)
株価 248円(100株単位)
PER −−倍
PBR 2.03倍
配当 0円(0%)
株主優待 優待割引券(12月・6月)