大浮世絵展 現在、江戸東京博物館で開催中の
「大浮世絵展」を観に行った。
名前の印象通り、その黎明期から終焉を迎えるまでの浮世絵の歴史を紐解くもので、 多色刷りが本格化し、いわゆる浮世絵らしくなり、流行の絵柄や構図が現れ、西洋の技法が取り入れられるなど、作品を通してその変遷が見られる。
作品も作者も、メジャーなものが中心であるはずだが、結構、知らないものも多い・・・
ただ、まあ、そこは特別詳しいというわけでもないので・・・
このような展覧会は、期間中に展示替えがあるため、 見てみたいと思った作品が、まだ展示されてないなんてこともある。
今回まさに、そんな感じだったが、この日は、それなりに人出が多いものの混雑という程でもなく、無難に楽しむことが出来た。

喜多川歌麿「当時三美人 富本豊ひな、難波屋きた、高しまひさ」
当時三美人 言わずとしれた、浮世絵の絶頂期に活躍したカリスマ絵師の一人が喜多川歌麿だ。
役者絵の大首絵を写楽で仕掛けた蔦屋重三郎が美人画の大首絵は哥麿でということだったのであろうか(逆か)。
当時三美人とは、寛政の江戸でアイドル的人気を得ていた看板娘を描いたものらしい。 左から、両国の煎餅屋の「高島ひさ」・吉原の玉村屋抱えの芸者で富本節の名取「富本豊ひな」・浅草の水茶屋難波屋の「難波屋きた」なのだという。
今回は、鳥や虫の描かれた画本も出展されているが、写実的な画力にも長けていたことがわかる。

葛飾北斎「百物語 お岩さん」
百物語 お岩さん 富嶽三十六景に代表される風景画のイメージが強い北斎であるが、 こんな怪談をテーマにした作品もある。 実際、北斎の描いた題材は多岐に渡るようだが、当時は、むしろ写楽のように役者絵専業みたいな方が異色であったようだ。
提灯に現れたお岩さんは、怖いというより、今風に言えば、ゆるい感じで、 パロディー的なノリで描かれたものであろうか。


小林清親「画布に猫」
小林清親は、明治期に活躍した“最後の浮世絵師”と評される一人だ。
西洋風の光線画と呼ばれる技法で人気を得たのだという。
この絵などは、素人目には、もはや浮世絵には見えず、油絵のようだ。
画布に猫

といったところで、今日は、スポンサー企業に名を連ねる 日本航空の株を見てみる。 この展覧会では、海外からも作品を集めているので、当然、輸送に利用されたものと思われる。
2010年に会社更生法で事実上の倒産に追い込まれたのは、遠い話でもないのだが、 公的資金で一気に復活、異例とも思える再上場まで果たす。
また、近頃の潮流となりつつあるLCCにも、 カンタス航空との合弁でジェットスタージャパンを設立し参入している。
四季報の業績コメントは「停滞」。円安による燃料費の増加や競争激化による単価下落などがあるらしい。

日本航空 (2014/1/7)
東証1部(空運業)
決算 3月(権利確定月)
株価 5,220円(100株単位)
PER 7.12倍
PBR 1.53倍
配当 140〜147円(2.68%)
株主優待(3月 9月) 株主割引券