上野に来たついでに、改修工事が終わったなんてニュースが載っていた上野東照宮を覗いてみる。 東照宮は徳川家康を祀る神社であるが、 日光東照宮
以外にも各地の大名により建立されたものがいっぱいある。
1627年に藤堂高虎により創建されたという上野東照宮もそういったものの一つだ。 東京では、他に芝公園に芝東照宮がある。
要は、徳川家の菩提寺だった寛永寺と増上寺に建てられたということだ。
絵図
参道から五重塔を望む方向は上野動物園だ。
上野動物園は、東照宮と別当寺院の寒松院(高虎の創建)の敷地を中心に造営されており、 園内には、取り残されたように五重塔が建っていたり、藤堂家の墓所があったりする。
五重塔
石灯籠が並ぶ、参道を進むと修復されたという社殿が見えてくる。
参道
手前は、藤堂高虎が寄進したという銅燈籠で、柱の部分には、
“東叡山 東照大権現 伊賀少将 藤原朝臣 高虎”と記されている。
銅燈籠
手水舎。
手水舎
他抜(たぬき)の絵馬。
現在は受験の神様となっている狸を祀る末社(栄誉大権現)があるらしい。
絵馬
この鈴は、狛犬の石工 酒井八右衛門により寄進されたのだとある。
なんでも、井亀泉の名で江戸三大石匠に数えられる人物らしい。
鈴
その狛犬。
狛犬
現在の社殿は、いわゆる権現造りで、徳川家光時代の1651年に建てられたものだという。 ここに、徳川家康、吉宗、慶喜が祀られている。
社殿
金ピカ、カラフルになった唐門。
この唐門や透塀も社殿と同じく1651年製であるという。
唐門
確か、改修工事が終わり公開となっていたはずだが・・・未だ工事中の看板もあり、 拝観料500円とあるが社殿には入れないらしい。
となると、少し近づけるだけってこと・・・今回は中に入るのは止めにして置く。
参道

といったところで、今日は、伊勢津藩(藤堂高虎が初代藩主)があった三重県津市にある 三重交通グループホールディングスの株を見てみる。
三重交通は、バス・不動産を主な事業とする近鉄系列の会社だ。
創業は昭和6年、本社は津藩の安濃津城が建っていた付近にある。
主力の乗合バスが伊勢神宮の式年遷宮効果で好調らしく、 四季報の業績コメントは「順調」となっている。

三重交通グループホールディングス (2014/1/29)
東証1部(不動産業 )
決算 3月(権利確定月)
株価 267円(1000株単位)
PER 11.46倍
PBR 0.91倍
配当 6円(2.25%)
株主優待 株数に応じて、各種乗車券や乗車証、優待券など