雪が積もることはなかったが、今日は予報通りに寒い・・・風が冷たい。
そんな天候の中、靖国通りの九段坂を下っているところだ。
坂を下りると、駅名になっている九段坂下で目白通りと交差している。
前方は、神保町で、後方は市ヶ谷、左が飯田橋で、右は竹橋方面だ。
九段坂
神保町に向かう前に、ちょっと寄り道。
この九段中坂は、目白通りから早稲田通りへと上がる坂だ。
九段坂と共に江戸時代からある坂だという。
坂の中段でビルに埋まるように建つ鳥居は築土神社のものだ。
ここには、平将門が祀られていて、大田道灌ゆかりの神社でもある。
九段中坂
現在の九段北1丁目は、江戸時代には元飯田町だったようだが、地図に築土神社らしき名はなく田安稲荷と記載がある。 どうやら、道灌によりこの町に移転された際に田安明神になったようなのだが、それが江戸期以降は長らく牛込の地に引っ越していたらしい。

当時の地図には、牛込津久戸銀町に、津久戸明神と筑土八幡がある。
その後、昭和の空襲で全焼するまで筑土神社は牛込にあったという。
ちなみに、筑土八幡神社の方は、現在もここにある。

鳥居をくぐると、ビルの柱の奥に社殿が見えてくる。
現在の社殿は平成になって建立されたもので、というよりもビル自体が神社の建物であるらしい。
築土神社
手水舎。この龍というのは定番だ。
築土神社
安永年間に元飯田町の氏子により奉納されたらしい狛犬。
町名の“元”については、飯田町が元禄の火災で築地に移った際に、残った町が元飯田町なのだという。 当時の地図では、現在の築地7丁目あたりが南飯田町となっている。
築土神社
絵馬に描かれているのは将門の繋ぎ馬で、デザインは登録商標なのだとか。
将門の武勇にあやかり、必勝・武勇長久・勝運向上などといった方面のご利益があるらしい。
築土神社
さらに奥に進むと世継稲荷がある。
これは、江戸の地図に記載のあった田安稲荷のことであるらしい。
元飯田町のいわゆる鎮守の神様であったという。
築土神社
北の丸に徳川御三卿田安家が入ってからは、その田安家とも縁のある神社だったようだ。
築土神社

築土神社に隣接するヒューリック九段ビルに、上場企業の本社がいくつも置かれているようなので、今日は、それらの株を見てみることにする。
  • テリロジー
    ネットセキュリティ関連のハード・ソフトの輸入販売を行う会社。
    ネットワークシステムの構築と保守が主力事業。
  • ディア・ライフ
    首都圏で投資用マンションの開発、販売や、不動産関連の人材派遣などを行う会社。
  • リケン
    自動車や産業用機械の部品を製造する会社。
    ピストンリングという部品でトップシェアを持つ。
  • 片倉チッカリン
    農業肥料や家畜飼料などの製造販売を行う会社。
    主力の有機肥料は国内トップ。
株価単元 PERPBR 配当率業績予想
テリロジー(JASDAQ) [卸売業]
127円100株 211.67倍2.05倍 0%減 額
株主優待 特になし
ディア・ライフ(マザーズ) [不動産業]
520円100株 8.87倍0.97倍 3.46%連続増益
株主優待 特になし
リケン(東証1部) [機械]
442円1000株 10.45倍0.81倍 2.71%増 額
株主優待 特になし
片倉チッカリン(東証1部) [化学]
259円1000株 14.63倍0.49倍 3.09%特 損
株主優待 特になし