お花見シーズンを迎えた都心は、昨日に続き今日も晴天。
千鳥ヶ淵の桜もすでに見頃を迎え、たくさんの花見客が訪れている。 今日は、世の中でモノの値段が上がる日だが、行楽地の消費にも影響はあるであろうか。
千鳥ヶ淵
2月の大雪では、千鳥が淵の桜にも被害が出たらしいが、 景観が変わるほどではなかったようだ。
千鳥ヶ淵
桜の名所を歩いていると、今日が平日だということを忘れる。
千鳥ヶ淵

花見客の流れは、靖国神社にも向かっている。
標準木なんてものがあることで知られる、ここも桜の名所だ。
靖国神社
日本庭園の桜も満開に。
靖国神社

田安門前の牛ヶ淵を見下ろす。
ここから北の丸公園へと入る。
牛ヶ淵
北の丸公園側から千鳥ヶ淵を見下ろす。
北の丸公園
乾門付近の枝垂れ桜。
乾門付近
北桔橋門前の陸橋を降りるところ。
北桔橋門付近
北桔橋門から皇居東御苑へと入る。
天守台からは芝生で寛ぐ人々の姿が見える。 写真では疎らなようだが、皇居にも多くの行楽客が訪れている。
皇居
皇居
二の丸庭園の桜。
二の丸庭園

というわけで、今日も“さくら”を名乗る会社 さくらケーシーエス の株を見てみる。
昨日のさくらインターネットに続いてIT系の企業だ。
さくらケーシーエスは、三井住友フィナンシャルグループで、ソフト開発やデータセンターなどシステムの設計から運用・保守までを行っている。 “さくら”の名称は、旧さくら銀行系列の名残であるらしい。
四季報の業績コメントは「減益」。
主力の銀行向けシステムは堅調でも一般向けが今一つであるらしい。

さくらケーシーエス (2014/4/1)
東証2部(情報・通信業)
決算 3月(権利確定月)
株価 631円(100株単位)
PER 20.16倍
PBR 0.5倍
配当 12円(1.9%)
株主優待 特になし