梅雨の晴れ間で、今日も暑い一日となった。
先日、日枝神社 山王祭の神幸祭を見たが、 今日は、各町神輿の連合渡御が行われる。 朝に日本橋茅場町を出発した神輿は八丁堀を経て京橋まで来たようで、ここから日本橋へ向けて神輿のパレードが始まる。
下町連合渡御
京橋二丁目を進む八丁堀の神輿。
下町連合渡御
高張提灯。日本橋・京橋・八丁堀の神輿のようだ。
下町連合渡御
京橋一丁目付近。
神輿のヘッドマークには「江戸橋」と「日本橋二通」とある。
下町連合渡御
これは、神幸祭にも出ていた馬だ。
下町連合渡御
天狗とオカメ?
下町連合渡御
一行は、日本橋を渡り折り返してくる。
ちなみに、日本橋の向こうは神田明神の縄張りになるらしい。
下町連合渡御
神輿には「檜物町」とある。この“ひものちょう”は、江戸の町名で、現在の八重洲1丁目から日本橋3丁目にかかるあたりを指すらしい。
なんでも、家康に従い入府した浜松の大工がルーツなのだとか。
下町連合渡御
コレド日本橋に立ち寄る神輿。
下町連合渡御
終点は日本橋高島屋。
入り口前まで入り担がれる神輿。
下町連合渡御
続々と神輿が続いてくる。先ほどの檜物町の神輿だ。
下町連合渡御
狭いスペースでも気合で担がれる神輿。
下町連合渡御
檜物町の神輿は、今日の中では大きい神輿だ。
歩道の見物人を一部をなぎ倒しながら出て行く。
下町連合渡御
といったところで、今日は、高島屋 の株をみてみる。
高島屋というと、やはり日本橋の高島屋を思い浮かべる。 建物は昭和8年に建てられた重要文化財で、なんとなく風格がある。
しかし、創業地は京烏丸(天保2年)で、現在は大阪に本社を置く会社だ。 合併が多い業界にあって未だ独立を保っている。
四季報を見ると、増税前の駆け込み需要からの反動減は避けられず、宣伝費などの削減で営業増益を確保する模様だ。

高島屋 (2014/6/15)
東証1部(小売業)
決算 3月(権利確定月)
株価 977円(1000株単位)
PER 15.76倍
PBR 0.9倍
配当 10円(1.02%)
株主優待
株主優待カード(10%割引)