お盆の東京は晴れ、今日も猛暑というほどではないが、充分暑い。
ミンミンゼミが鳴いているのは北の丸公園だ。
セミなど、家の周りにも、いくらでもいるのだが・・・
ミンミンゼミ
鳴き声の占める割合が上がってきたツクツクボウシ。
ツクツクボウシ
これも、どこにでもいるカラスだ。
今日も地味な生き物写真になりそうだ。
カラス
近くに飛んできたスズメ。
スズメ
池では、産卵のためホバーリングするトンポの姿が見える。
ムギワラトンボ
草陰に青い鳥がチラッと見える。
カワセミ
対岸の木に止まったカワセミ(中央の小さい青いやつ)。
150mm(10倍程度らしい)では、これが限界。
これでは、なんだか分からないので、切り抜いてみた。
カワセミ
遠い上に、スズメと比べても大差のない大きさで、ピントもやや定まっていない。 この日は人通りがほとんどなく、飛ぶ姿を何度も見られたが、 飛行中の姿を写すような技術も装備も持ちあわせてはいない。
カワセミ
北の丸公園から歩道橋を渡り、皇居 北桔橋門に向かう。
歩道橋上
皇居二の丸庭園。
池で水浴びするスズメ。
スズメ
つがいになったシオカラトンボ。
シオカラトンボ
産卵中のムギワラトンボ。シオカラトンボの雌だ。
今、この池では、大型のトンボが幅を効かせていて、シオカラトンボや赤トンボは意外に少ないように思える。 ムギワラトンボ
産卵中のギンヤンマ。
空中では、このトンボが縄張り争いを繰り広げている。
ギンヤンマ
これも大型のトンボ ウチワヤンマ。
ウチワヤンマ
雑木林で木の隙間に潜むヤモリ。
ヤモリ
といったところで、今日は、ヤモリの足裏テクノロジー研究で生まれた“ヤモリテープ”なるものを製造しているという 日東電工 の株をみてみる。
日東電工は、大正7年創業、粘着・半導体関連製品・光学フィルムなどのメーカーだ。 ニッチな分野でトップシェアを狙うような戦略をとる会社であるという。
四季報の業績コメントは「続伸」。主力製品となっている液晶フィルムや自動車向け工業用テープが好調であるらしい。

日東電工 (2014/8/14)
東証1部(化学)
決算 3月(権利確定月)
株価 4,923円(100株単位)
PER 14.75倍
PBR 1.55倍
配当 100円(2.03%)
株主優待
特になし