ここは、東武線の堀切と鐘ヶ淵駅の間あたり。
隅田川七福神の上流側にある多聞寺へと向かっているところだ。
七福神めぐりというと、これまでも雑司が谷谷中の七福神を周ったことがあるが、今回の隅田川七福神が最も定番と言えるかもしれない。
りょうもう
今回、一番目の多聞寺には毘沙門天が祀られている。
現在は、むしろ荒川放水路沿いという感じであるが、江戸時代の隅田村(墨田区隅田)は、やはり、大川(隅田川)流域という土地柄だ。
創建は、平安以前と伝わる古刹で、七福神の毘沙門天が本尊とされている。
多聞寺
ここには、妖怪狸の伝説なんかもある。
この後は、隅田村から寺島村へと歩いて行く。
多聞寺
東向島まで、おそらく一駅半ほどの距離を歩き向島百花園に来た。
隅田川七福神のルーツとされるのが、この場所だ。
なんでも、文化元年に梅屋敷(向島百花園)を開園した佐原鞠鵜が所持する福禄寿が元になり作られた歴史あるイベントであるらしい。
向島百花園
園内の片隅に福禄寿を祀るお堂がある。
向島百花園
冬の定番である甘酒だが、江戸時代には夏の風物詩であったらしい。
甘酒
続いては、歩いてすぐのところにある寿老神にお参りする。
寺島村(東向島)の鎮守白鬚神社は平安創建と伝わる古社だ。
七福神の創設に際して、社名の“白鬚”から爺さんを連想し・・・寿老人という事にされた・・・これが有力な由来らしい。
白鬚神社
羊の絵馬。
白鬚神社
寺島村を後にして、次に向かうのは須崎村の長命寺だ。
長命寺
途中スカイツリーを見上げる。
スカイツリー
東向島から向島へと歩き弁財天を祀る長命寺まで来た。
徳川3代将軍家光の腹痛を治した長命水の伝説で知られる場所だ。
長命寺
長命寺といえば、境内の裏手にある「長命寺の桜餅」も有名だ。
長命寺の桜餅
続いては、長命寺の隣にある布袋尊を祀る弘福寺に来た。
江戸前期の延宝年間に創建され、鳥取藩などの大名家ともゆかりがある格式の高い寺院であったという。
中華風の建物が特徴だが本堂は改修工事中だった。
弘福寺
一帯は向島の料亭街として知られている。
料亭
須崎村から小梅村に移り、最後の目的地は三囲神社だ。
ここは、三井(越後屋や三越)の守護神でもあり、なんといっても、この三越のライオンはインパクトがある。
三囲神社
最後にお参りするのは、越後屋に祀られていたという大黒天と恵比寿天だ。
三囲神社
以上、都合6箇所をめぐる今回の七福神は終了。
幟
帰りは、大川橋(吾妻橋)で大川(隅田川)を渡り浅草花川戸町へと来た。
現在、東武鉄道の浅草駅がある。
浅草駅

といったところで、今日は、このコースの最寄り路線である 東武鉄道 の株をみてみる。
創業は明治30年、北千住から久喜の間で開業。
私鉄では関東で最長の路線を持っているという。
四季報には、“東京スカイツリー軸に再開発推進”とあり、 まだ、開発は続いているらしい。
四季報の業績コメントは「下振れ」。
貨物運送の燃料高や天候不順によるレジャー減退が要因として挙げられている。

東武鉄道 (2015/1/5)
東証1部(陸運業)
決算 3月(権利確定月)
株価 506円(1000株単位)
PER 18.74倍
PBR 1.56倍
配当 6円(1.19%)
株主優待
株数により回数券やパス、グループ施設の利用や割引など