近年、梅の見頃は、遅れ気味という印象がある。
本来の都心のピークが、いつ頃なのかは定かでないが、3年前(2012年)には、1ヶ月遅れなんて話が、結構ニュースにもなった。
今年も、少なくとも早くはなさそうだが・・・
今回は、小さいながらも、都心では指折りの名所、小村井香取神社に来た。
紅梅
境内の梅は、ピークには一足早そうだが、見頃にはなってきている。
紅梅
梅には、早咲きとか、遅咲きがあるので、まだ、蕾ばかりの木もある。
梅の蕾
相変わらず、品種などはわからない。
梅1
梅2
水鉢の梅。 水鉢
さらに香取神社の梅。
  • 香取神社 香梅園の梅と雪見灯籠
  • 香取神社 香梅園の梅と銅灯籠?
  • 香取神社 香梅園の梅とカエル
  • 香取神社 香梅園の梅と石灯籠
香取神社の近くには、これも梅の名所として知られる亀戸天神がある。
当たり前だが、開花状況は、似たり寄ったりだ。
とりあえず見かけると、梅とセットで撮りたくなるメジロがいる。
メジロ
こちらは、梅とスズメ。
すずめ
吠える...ではなく、やっぱり、にゃ〜と言っている。
ネコ
社殿と梅。
梅と社殿
「冬至梅」とは、文字通り、冬至の頃から咲く早咲きの梅なのだという。
白梅
枝垂れ梅。
梅と太鼓橋1
その枝垂れ梅と亀戸天神のシンボル太鼓橋。
梅と太鼓橋2

今日は、梅関連ということで、「梅仁丹」なんてものを販売している
森下仁丹 の株をみてみる。
森下仁丹は、創業明治26年、大阪を本拠とする医薬品メーカーだ。
社名の通り仁丹の会社という印象だが、仁丹のコーティング技術を使用したシームレスカプセルの受注事業や健康食品なども手がけている。
ちなみに、「梅仁丹」は梅肉エキスがはいっているという、医薬部外品で、菓子であるらしい。
四季報の業績コメントは「一転減益」。
想定を超える消費増税のダメージがあったらしい。

森下仁丹(2015/2/27)
東証2部(医薬品)
決算 3月(権利確定月)
株価 606円(1000株単位)
PER 155.38倍
PBR 1.53倍
配当 3円(0.5%)
株主優待
7,000円相当の自社製品(健康食品等)