まだ、コートを羽織る季節だが、もう冬の寒さではなくなっている。
季節の変わり目を思わせる新宿御苑では、未だ冬の景色と春の到来を告げる風景が混在している。
トツトツ音のする木を見上げるとコゲラが枝を啄いている。
ただ、この鳥は、季節とは、あまり関係ないか・・・
コゲラ
茶室・楽羽亭の梅林が見頃になっているようだ。
梅林
近年は、異常気象が多く、このような季節の風物詩も時期が分からない感じがあるのだが、 今年の梅は、どうだったのだろう?
梅
こうやって見ると、まだ、蕾も多い。 紅梅には早咲きのイメージを持っていたが、まあ、色で決まるわけではないのだろう。
梅
日本庭園ではカンザクラが人気を集めている。
日本庭園のカンザクラ
そういえば、3月に入ったあたりから、都心でメジロを見かけなくなった。
ただ、メジロは1年中いる鳥らしいので、たまたまかも知れない。
このカンザクラもメジロが集まる木なのだが、やっぱりいない。
カンザクラ
この黄色いのは、サンシュユであるらしい。
サンシュユ
今年最初のチョウを見かけた。
キタテハは、越冬するチョウで、気温が上がれば出てくるらしい。
キタテハ
「中の池」のカンザクラ。
ここにもメジロの姿はない。
中の池のカンザクラ
再び、今度は翅を開いたキタテハ。
今日は、何度か見かけた。
キタテハ
プラタナス並木は、まだ、冬景色のまま。
プラタナス並木
梅にメジロは、やはりいなくて、シジュウカラだ。
シジュウカラ
玉藻池の梅。
玉藻池
季節を感じない温室。ないわけではないのだろうが・・・
特徴的な外観のオオベニゴウカンも、真冬から咲いていた気がする。
オオベニゴウカン
温室を出て、また、カンザクラ。
全部カンザクラにしているが種類はわからない。
ここでもメジロは見かけず、ヒヨドリしかいない。
ヒヨドリ
「上の池」のオシドリ。
冬の渡り鳥らしいのだが、いつまでいるのかは知らない。
オシドリ
オシドリ

世の中、鳥をモチーフにしたデザインは少なくないが、オシドリ関連では、 山形新幹線「つばさ」の先頭車両がオシドリをイメージしたデザインに変わる予定だとか。
といったところで、今日は、新幹線E3系の製造メーカーの株を見てみる。
  • 川崎重工業
    創業明治11年、国内有数の重工業で、バイクでも有名。
    鉄道車両は、傘下の川崎重工業車両カンパニーが製造。
  • 東京急行電鉄
    創業大正7年、主に東京から神奈川方面を運行する大手私鉄。
    鉄道車両製造は、傘下の東急車輛製造が担っていたが、現在は鉄道車両事業から撤退している。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
川崎重工業(東証1部) [輸送用機器]
584円1000株 17.43倍2.65倍 1.37%連続最高益
株主優待 特になし
東京急行電鉄(東証1部) [陸運業]
808円1000株 26.23倍1.94倍 0.99%小幅増益
株主優待 電車・東急バス全線きっぷ・全線パス・東武百貨店などグループ施設割引(株数にもよる)