ここ最近、寒さが戻っていたせいもあり、今日の日差しはだるいくらいだ。
桜の開花が意外に進んでいないにも関わらず、新宿御苑の新宿門には、すでに大行列が出来ている。
園内に入ると、主役のソメイヨシノは、やはり、ほとんど咲いていないが、春らしく被写体が増えてきた印象だ。
入ってすぐに見える、このハチジョウキブシにもレンズが向けられている。
ハチジョウキブシ
同じ場所にあるレンギョウ。
レンギョウ
これも同じ場所にあるユキヤナギ。
ユキヤナギ
ラクウショウの辺りも雑草が生えて春らしくなった。
ラクウショウ
冬鳥のジョウビタキがまだいる。
ジョウビタキ
「上の池」付近のボケ。
ボケ
春の風物詩的なイメージが強いツクシ。
つくし
「中の池」付近に咲いているピンクの桜はヨウコウであるらしい。
正直、ソメイヨシノ意外の品種名は知らないが、カンザクラも終わっているし、とりあえず何か咲いていてよかった。
ヨウコウ
「中の池」の橋から見るソメイヨシノは、ここでは人気の一本であるが、全然咲いてない。
中の池
池の対岸に見える枝垂れ桜は、満開になっていそうだ。
枝垂れ桜
その枝垂れ桜。
枝垂れ桜
現在、一番の見頃は、この枝垂れ桜か。
枝垂れ桜
僅かに残ったスイセンと枝垂れ桜。
枝垂れ桜
プラタナス並木付近、洋式庭園の桜。
コヒガン
名前は、コヒガン?だったかもしれない。
コヒガン
プラタナス並木は、まだ冬の様相。
プラタナス並木
玉藻池の桜もすでに見頃を迎えている。
タカトオコヒガン
タカトオコヒガンという品種らしい。
タカトオコヒガン
玉藻池と桜。
玉藻池
数少ない咲いている桜には、当然、人々が集まってくる。
コヒガン

今年のお花見シーズンで、特徴的なシーンと感じるのは、近頃広まりつつある自撮り棒による撮影風景だ。
というわけで、今日は、80年代頃、世界に先駆け自撮り棒を販売していたというミノルタと、 現在、販売しているらしいエレコムの株を見てみる。
■ コニカミノルタ
2003年、コニカとミノルタが合併。
カメラメーカーのイメージが強いが、現在の主力商品は複合機。
■ エレコム
昭和61年設立、パソコンやスマホ周辺機器の大手メーカー。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
コニカミノルタ(東証1部) [電気機器]
1,237円100株 18.63倍1.3倍 1.62%増益続く
株主優待 特になし
エレコム(東証1部) [電気機器]
1,896円100株 19.49倍2.71倍 1.86%最高益
株主優待 1,000円相当のクオカード・自社製品