4月も終わりが近づき、早くも夏日になっている。
この日は、そろそろ、ツツジも終盤かという小石川植物園に来た。
小石川植物園のツツジ
今月は梅雨のような気候だったせいか、ここでは、ツツジが今一つといった印象を受ける。
ツツジ
気温も上がり、昆虫なんかも活動し始める時期になってきた。
葉っぱには、子カマキリが乗っている。
カマキリであるが、まだ、アリに追われるほど弱くハンターの面影はない。
子カマキリ
大きいバッタを見る時期ではないが、クビキリギスは越冬するらしい。
クビキリギス
草陰から顔を出したのは、カナヘビ。
カナヘビ
日本庭園の池と、ランドマーク的な建物の旧東京医学校本館。
小石川植物園
日本庭園のツツジ。
ツツジ
池の畔には、シオカラトンボも姿を見せた。
シオカラトンボ
日本庭園を見下ろす斜面のツツジ。
小石川植物園のツツジ
今日は、ツツジとアゲハをマクロレンズで狙おうと思ったが、蝶をマクロで追い回すのは難しく、あっさり挫折。 ズームレンズで写したツツジとアゲハ。
a21
たんぽぽとアゲハ。
アゲハ
ハルジオンに止まったモンシロチョウ。
モンシロチョウ
マクロで写したコアオハナムグリ。
コアオハナムグリ
再び、ツツジ。
ツツジ
ツツジ
ツツジ
なんとか、マクロレンズで近寄れたツマグロヒョウモン。
ツマグロヒョウモン
給水中で動かないアオスジアゲハも近くで撮ることが出来た。
ちなみに、カラスアゲハには残念ながら逃げられた。
アオスジアゲハ

今日は、蝶関連の製品ということで探してみると・・・なんでも、バタフライ弁(蝶形弁)という配管部品があるようだ。 円状の弁が回転する構造のバルブらいしのだが・・・ といったところで、今回は、その製造メーカーの株をピックアップしてみる。
■ 旭有機材工業
旭化成系列の配管材料メーカー。プラスチックバルブが主力。
■ 前澤工業
上下水道用機械・バルブのメーカー。官公庁が主体。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
旭有機材工業(東証1部) [化学]
272円1000株 19.36倍0.72倍 2.2%営業益小幅増
株主優待 特になし
前澤工業(東証1部) [機械]
384円100株 11.43倍0.49倍 2.68%上向き
株主優待 特になし