小石川植物園

メタセコイアの雑木林を抜けると、そこには、 ツツジもなくなり、草花的には、ローテーションの谷間のような季節となっている。
メタセコイア
そこで、また、昆虫写真になってしまうのだが、 とりあえず撮れたのは、お馴染みのツマグロヒョウモン。
ツマグロヒョウモン
だいぶ翅に損傷が見られるジャコウアゲハ。
この体内に毒を持つというアゲハは、この間もこの辺りで見た ので縄張りでもあるのだろうか?
ジャコウアゲハ
そこには、ジャコウアゲハだけではなく、クロアゲハの姿も見られた。
実際、飛んでいるとなかなか区別は付かないが、ジャコウアゲハに擬態しているとされる蝶の一つらしい。
クロアゲハ
ゴマダラチョウ。
花には止まらず、樹液を吸う蝶らしい。
ゴマダラチョウ
外来種だというアカボシゴマダラ。
むしろ、黒い蝶というイメージだったが、今の時期は赤い模様もなく、白い蝶に見える。
アカボシゴマダラ
サトキマダラヒカゲ。
これも樹液に集まる蝶で、ジャノメチョウ系の1種であるという。
サトキマダラヒカゲ
他に生き物はというと、いつもいるネコ。
ネコ
池には、甲羅干しの亀が並んでいる。
亀
ヘビが泳いできた。
アオダイショウであろうか。
アオダイショウ
旧古河庭園

生き物写真に終始した小石川植物園とは対照的に、こちらは、バラが見頃を迎え、もっとも人を集めるシーズンとなっている。
古河庭園
バラ
赤いバラと洋館。
ここでは一番、お約束的な写真と言えるだろう。
洋館
バラ
バラ
バラ
バラ
バラ
アオスジアゲハは、主役のバラには全く止まらず、足元の地味な植え込みの花が好みらしい。
アオスジアゲハ
日本庭園の雪見灯籠。
雪見灯籠

といったところで、今日は、小石川植物園の近所にある共同印刷と、古河庭園の近所にある重松製作所の株を見てみる。
■ 共同印刷
国内の大手印刷会社で、従来からの出版・商業印刷が主力。
■ 重松製作所
産業用の防毒・防塵マスクを主力とするメーカー。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
共同印刷(東証1部) [その他製品]
380円1000株 22.89倍0.64倍 2.11%復 調
株主優待 特になし
重松製作所(JASDAQ) [その他製品]
738円1000株 29.52倍1.21倍 1.02%微増益
株主優待 5,000円相当の自社商品(花粉マスク等)