暖冬といわれているが、今日は特に寒さが鈍い。
1月とは思えない最高気温予想は、確か14℃くらいだ。
ここは、中央区佃1丁目にある佃小橋の上。
今回は、だいたい年に1、2度は、訪れている佃・月島の景色を撮ってみる。
佃小橋
橋から見る船溜まりとバックの高層ビルは、佃島から連想される最も象徴的な風景で、 いつも、ここからがスタートという感じになっている。
佃小橋
佃島という地名から浮かぶものとしては、佃煮屋も外せないところだ。
天安
隅田川の堤防沿いに残っている天安や佃源といった老舗店は江戸の地図にも記載の見える漁師町の名残だ。
佃煮屋
隅田川沿いに出てきた。
このあたりは、今でこそ川沿いだが、江戸時代は東京湾に浮かぶ島で、 すぐ下流にある佃大橋や上流の中央大橋は、もちろん架かっていなかった。
対岸は、江戸の船松町1丁目で、現在の湊3丁目にあたる。
クレーン
住吉神社の参道に入る。
ただの住宅地だが、江戸の頃から場所は変わっていないようだ。
すでに節分モードに入っている。
参道の人形
下町の風景に馴染む井戸。
井戸
佃島の鎮守、住吉神社に来た。
大坂の陣の折に家康が参詣したという大阪の住吉神社が本社であるという。
住吉神社
水盤舎の獅子。
獅子
境内で寛ぐネコ。
この後は、隣接する月島へと向かう。
猫
明治期の埋立地だという月島も下町の印象が強い場所だ。
メインストリートといえるは、清澄通りだが、歩くなら、やっぱり月島西仲通りのもんじゃストリートだ。
月島
表通りよりも、むしろ路地の店に月島らしい趣を感じる。
月島の路地
もんじゃストリートのアーケードを歩く。
もんじゃストリート
メロンパンの店。
メロンパン屋
五郎丸ポーズのタヌキ?
たぬき
写真を撮る間にも、何組かが訪れていた人気店。
もん吉
月島の路地。
月島の路地
昭和の風景が残る。
月島の路地
アーケードに覆われた表通りのもんじゃ屋。
もんじゃストリート
ここからは、清澄白河まで大江戸線に乗る。
最近は、いつも最後に清澄庭園に寄るコースになっている。
本屋
深川の清澄庭園に来た。
ルーツとなるのは、関宿藩久世家下屋敷の大名庭園だ。
清澄3丁目付近は、江戸の伊勢崎町だったようだが、 元禄期の埋立地ということで、江戸の地図には、海辺大工町・海辺新田といった、それらしい地名も見られる。
水鉢
冬らしい藁ぼっち。
藁ボッチ
よく日本庭園にあるタイプの土橋。
橋
明治期に数寄屋造りで建てられたという涼亭。
東京都選定歴史的建造物に指定されている建造物だ。
涼亭
冬の日本庭園。
清澄庭園
池に浮かぶ中の島と涼亭。
涼亭
松とアオサギ。清澄庭園にしては、今日は鳥が少ない気がする。
以上、佃・月島・清澄庭園とサクッと回ってきたが、隅田川下流域は埋立地だった的な取ってつけたような話になったか・・・
アオサギ

といったところで、今日は、月島に本社を置く会社の株を見てみる。
  • 大冷
    業務用冷凍食品の企画・開発・販売メーカー。
    骨なし魚が主力商品。
  • 石井鐵工所
    石油・化学・鉄鋼・電力・ガスなどのタンクやプラントのメーカー。
    石油やLPガスのタンクが主力事業。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
大冷(東証2部) [食料品]
1,660円100株 11.87倍1.65倍 3.31%続落
株主優待 市価2,000円相当の自社商品(冷凍食品)
石井鐵工所(東証1部) [機械]
179円1000株 16.89倍0.72倍 2.79%反発
株主優待 特になし