2月の終盤になり冬の寒さが戻ってきているが、梅の開花は、ここ数年では早めで各地で見頃を迎えている。
そこで、今回も梅を観に行くのだが、東武曳舟駅から小村井に向かう道筋にある京島エリアは、昭和の下町風景が残る場所として知られている。 まずは、その京島の街並みを少し写してみることにする。
自転車屋
京島3丁目。下町の風景に馴染む井戸。
井戸
歩いているは、曳舟たから通りで道を挟んで京島2丁目と3丁目だ。
江戸時代、このあたりは寺島村で、街並みではなく田園風景が広がっていたはずだ。
京島
昭和の趣が残る「たちばなキラキラ商店街」。
たちばなキラキラ商店街
商店街の角に小さな公園と小さな神社がある。
キャッチフレーズは、“ご利益がたまる 田丸神社”だ。
田丸神社
京島3丁目の長屋。
長屋
古い木造家屋は、急速に数を減らしているが、果たして、いつまでこの光景が見られるであろうか。
長屋
京島3丁目の路地。
路地
たから十間橋の交差点。
完成前には、とかく人気の被写体だったスカイツリーだが見慣れたら、やっぱり東京タワーの方が・・・
たから十間橋交差点
と言いつつ、東武亀戸線とスカイツリー。
このあたりから、住所は墨田区京島から文化へ、江戸の寺島村から小村井村へと入る。
亀戸線
小村井香取神社

文化2丁目の香取神社まで来た。
見所は、江戸名所であった梅屋敷を再現した香梅園で、現在は小さなものだが、 江戸期には明治通りまで広がるような梅園があったらしい。
小村井香取神社
境内から見えるスカイツリーと梅。
小村井香取神社
やはり、梅にはメジロ。
小村井香取神社
小村井香取神社
小村井香取神社の梅
小村井香取神社の梅と社殿 小村井香取神社の梅 小村井香取神社の梅 小村井香取神社の梅 小村井香取神社 香梅園の梅 小村井香取神社 香梅園の梅 小村井香取神社 香梅園の梅 小村井香取神社 香梅園の梅 小村井香取神社 香梅園の梅 小村井香取神社 香梅園の梅
亀戸天神

亀戸の藤で有名な亀戸天神であるが、そこは、天神さま系列の神社ということで、梅の名所としても知られる場所だ。
亀戸天神
境内の梅は、全体的に今ひとつといった印象だ。
亀戸天神
太鼓橋の上から社殿を望む。
亀戸天神
亀戸天神
亀戸天神
太鼓橋と、やっぱり疎らに見える紅梅。
亀戸天神
亀戸天神

といったところで、今日は、江東区亀戸にある会社の株をみてみる。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
トーイン(JASDAQ) [その他製品]
470円100株 --倍0.28倍 3.19%下振れ
株主優待 特になし
日本フォームサービス(JASDAQ) [その他製品]
234円1000株 12.51倍0.3倍 2.14%回復
株主優待 2,000円相当のクオカード
三洋工業(東証1部) [金属製品]
153円1000株 13.42倍0.43倍 3.92%再減額
株主優待 特になし