3月も終盤になり、今日は気温もかなり上がってきている。
そろそろ桜の開花も進むかと思い、小石川植物園に来てみたが、意外なくらい咲いてない。 やはり、季節が足踏みしていたせいで、開花状況も微妙になっているようだ。
小石川植物園
ただ、4月初めの予報が冴えないせいもあってか、お花見シーズンは本番を迎えた感もある。
小石川植物園
まだ、蕾が多いソメイヨシノ。
小石川植物園
満開に見える、この木は、天城吉野であるらしい。
小石川植物園
開花状況は、全体的に3割程度であろうか。
ここは、そうそうに、あきらめて、やや早く咲くと思われる六義園のシダレザクラを見に行くことにする。
小石川植物園
門の奥には、見頃になったシダレザクラよりも...まずは、人だかりが見える。 毎度、同じ感想だが、1本しかない桜の集客力には驚くばかりだ。
六義園
六義園のシダレザクラは、満開に近いように見える。
六義園
六義園
引きで撮ると人ばかり写るので、ひたすら花の写真になる。
桜を撮りに来ているので、何もおかしくはないのだが・・・
六義園
六義園
六義園
このような繁忙期には、人通りが絶えない渡月橋。
六義園

六義園は、五代将軍綱吉の即用人として知られる柳沢吉保が紀州の和歌浦の風景を思い浮かべ構想を練ったものであるという。
そこで、今回は、和歌山市にある紀陽銀行の株を見てみる。 なんでも現在、和歌山県唯一の地方銀行として、貸出・預金とも高いシェアを持つという。
今回も前回同様、株価をテーブルとチャートにしてみた。

紀陽銀行 (2016/3/30)
東証1部(銀行業)
決算 3月(権利確定月)
株価 1,278円(100株単位)
PER 7.05倍
PBR 0.44倍
配当 35円(2.74%)
株主優待
特になし