久しぶりの好天だが、天気予報によると明日の雨により、都心のお花見シーズンは幕を閉じるようだ。
というわけで、今年は、ここ千鳥ヶ淵が最後になりそうだ。
千鳥ヶ淵
桜
現在、満開に見える桜だが、明日の風雨でこの光景はなくなるのだろうか。
千鳥ヶ淵
桜の間を漂うボートが、ここでの風物詩だ。
千鳥ヶ淵
繁盛しているはずのボート乗り場。
千鳥ヶ淵
濠に張り出した桜の枝。
桜
千鳥ヶ淵は、毎年のように観にきているが、桜といえば、ここという場所の一つだ。 ここまで番町から九段の方に歩いてきたので、次は、その流れで靖国神社に向かう。
千鳥ヶ淵
靖国神社来た。
桜まつりが終了し露店などが消えた参道は、なんとなく閑散として見える。
靖国神社
神門をくぐると、やはり、このあたりは賑わいを感じる。
靖国神社
時折、桜吹雪が舞う境内の桜は終わりが近いように思える。
靖国神社
軍犬の像と桜。
軍犬の像
到着殿の桜は、ヤマザクラか?
到着殿
水面に花びらが広がる日本庭園。
日本庭園
靖国通りを渡り、北の丸公園へ入る。
田安門前を黒の集団が埋め尽くしているが、武道館で東洋大学の入学式があったらしい。
北の丸公園
田安門付近、満開のソメイヨシノ。
北の丸公園
ようやく人混みから逃れ、北の丸公園のお花見風景。
北の丸公園
乾門付近のシダレザクラ。
シダレザクラ
シダレザクラ
皇居の本丸に来た。
青空が見えるもの少し曇りがちになっている。
やはり、明日の天気は期待できないようだ。
皇居本丸
もちろん、桜のある所にお花見風景あり。
皇居本丸
梅が、すっかり枯れ木になっている梅林坂を下りる。
梅林坂
石垣を這うトカゲ。
今日は、活動するのに充分な気温のはずだ。
トカゲ
皇居二の丸庭園まで来た。
繰り返し肩や頭に止まってきた蝶は、ルリタテハだった。
ルリタテハ
石灯籠と桜。
石灯籠
桜
すでに花菖蒲田に何か咲いているが、ここがシーズンに入るのは、まだ2ヶ月ほど先の話だ。
二の丸庭園
タケノコも出てきた。
筍

といってところで、今日は、定番のチョコ菓子「たけのこの里」を造っている明治の株をみてみる。
大正時代からの歴史を誇る明治製菓は、現在、明治乳業との統合で設立された明治ホールディングスの傘下で、株式会社明治へと再編されている。
持株会社の傘下には、近頃、「かばくん」とイソジンの商標で話題となったMeiji Seika ファルマもあり、食品と薬品が2大事業であるようだ。
四季報の業績コメントは「最高益」。 原料高も値上げによりカバーされているということらしい。

明治ホールディングス (2016/4/07)
東証1部(食料品)
決算 3月(権利確定月)
株価 8,820円(100株単位)
PER 25.17倍
PBR 3.27倍
配当 55円(0.62%)
株主優待
自社グループ製品詰合せ(菓子等)