暑くもなく寒くもなく晴れとも曇りともつかない無難な陽気の下、新緑の季節になった小石川植物園に来た。
メタセコイア
園内は、ツツジが見頃になる季節だ。
文京区のツツジの名所といえば、なんといっても根津神社で、あるいは六義園もあるのだが、 個人的には、この植物園が気に入っている。
  • 小石川植物園のツツジ
  • 小石川植物園のツツジ
  • 小石川植物園のツツジ
  • 小石川植物園のツツジ
餌を探すカルガモ。
水面の色も春の緑に感じる。
カルガモ
ツツジの赤が映る池で甲羅干し中のカメ。
カメ
日本庭園のツツジと藤。
ツツジと藤
その藤と旧東京医学校本館。
藤と旧東京医学校本館
この斜面では赤いツツジが満開だ。
今日は、ツツジとアゲハの写真を撮るつもりなのだが飛んでない。
斜面のツツジ
別の斜面から洋館を見下ろす。
やはり、アゲハは見ない。
斜面のツツジ
丘陵の上に上がり、緑になったモミジ並木。
このあたりでは、藤が見頃になっている。
モミジ並木と藤
  • 小石川植物園のフジ
  • 小石川植物園のフジ
  • 小石川植物園のフジ
  • 小石川植物園のフジ
住み着いているらしく、いつも見るネコ。
ネコ
午前中、ほとんど見なかったアゲハだが、午後になると飛び始めた。
最初に撮れたのは、モンキアゲハ。
モンキアゲハ
モンキアゲハは、この一羽しか見なかった。
モンキアゲハ
続いて、クロアゲハが飛んできた。
クロアゲハ
クロアゲハは、何羽か飛んでいるが、シャッターチャンスが多いわけでもない。
クロアゲハ
意外にも普通のアゲハが撮れなかったが、 入り口付近で最後にカラスアゲハを写して終了。
カラスアゲハ

旧小石川御薬園跡地の小石川植物園は、医薬品とゆかりの深い場所とも言える。
といったところで、今日は、製薬会社の株・・・は、いっぱいあるので・・・ジェネリック関連で見てみる。
いづれも業績は好調で、羽振りの良い業界というイメージがある。
  • 東和薬品
    昭和26年創業、大阪に本社を置くジェネリック大手。
  • 沢井製薬
    昭和4年創業、大阪に本社を置くジェネリック最大手。
  • 富士製薬工業
    昭和29年創業、東京に本社を置きジェネリックを主力とする製薬会社。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
東和薬品(東証1部) [医薬品]
5,140円100株 10.38倍1.24倍 1.85%連続増益
株主優待 特になし
沢井製薬(東証1部) [医薬品]
7,280円100株 16.84倍2.26倍 1.51%連続最高益
株主優待 特になし
富士製薬工業(東証1部) [医薬品]
1,991円100株 13.95倍1.04倍 2.26%着実
株主優待 特になし