今年も三社祭の季節がやってきた。
これから、圧倒的な数の神輿が担ぎだされる町内神輿連合渡御が始まるのだが、 暑い日差しの下、いつものことだが、ドン引きするほどの人混みに入っていく。
提灯
浅草神社前に来た。
「南一」マーク(半被は寿一)の神輿が眼の前を通過していく。
三社祭
意外にいい場所が空いていたと思ったが、何が撮れるって人の頭・・・
頭のアップを避けるには、一瞬、空いたの隙間を逃さず撮るか、思い切ってズームでもするかしかいない。
三社祭
「南二」(寿二)の神輿が続く。
寿二の神輿
「田原」の子供みこし。
田原子供みこし
浅草神社を出る「雷門東」の神輿。
雷門東
「南十一番」の神輿。
混雑を極める境内は神輿のルート確保のため、これ以上浅草神社よりにも、本堂側にも移動できない。
南十一番
宝蔵門付近に来た。
やはり、人の頭ばかりで、上向きにでも撮るしかない。
宝蔵門付近
宝蔵門を抜けて仲見世付近に来ると、かなり移動が自由になる。
とはいえ、やっぱり写るのは人の頭だ。
宝蔵門付近
仲見世に入っていく「仲見世」の神輿。
宝蔵門付近
お囃子。
お囃子
浅草寺境内に戻り、ズームで本堂前の神輿を撮ったところ。
聖天の神輿
本堂でお祓いを受ける子供みこし。
子供みこし
「浅草馬三」の神輿。
浅草馬三の神輿
リフトアップされる神輿。
浅草馬三の神輿
「浅五会」の神輿。
浅五会の神輿
「田聖」の神輿。
田聖の神輿
雷門通りに出てきた神輿。
この混雑だから当然なのだが、どうにも人も頭が気になった理由が今頃わかった。 これまで、背伸びして液晶で撮っていたのを、今年はファインダーを見ていたから目線が低かったのだ。
雷門通り

といったところで、今日は、浅草駅まで利用した東武電鉄とエキナカ商業施設EKIMISEの3フロアを占める松屋の株を見てみる。
  • 東武鉄道
    北関東方面に伸びる私鉄大手。スカイツリーに伴う再開発が鍵か。
  • 松屋
    銀座と浅草2店舗で独自路線をとる老舗百貨店。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
東武鉄道(東証1部) [陸運業]
545円1000株 17.41倍1.49倍 1.1%好調
株主優待 電車回数券または電車全線パス、施設割引など
松屋(東証1部) [小売業]
839円100株 24.82倍2.44倍 0.72%続伸
株主優待 買物優待カード(10%割引)