今回も夏の昆虫シリーズということで、小石川植物園に来た。
このちょこっとあるメタセコイアの林に入るところの景色が好きで、なんか毎回撮っている気がする。
メタセコイア並木
現在、聴こえてくる鳴き声の主流となっているニイニイゼミの抜け殻。
セミの抜け殻
初めに見つけたのは、ヒメグルミの木で樹液を吸うノコギリクワガタ。
  • ノコギリクワガタのオスだ。
  • キラっと光ったカナブンがいなければ見逃していた。
  • ここで、クワガタを見たことがなかったので予想外だった。
  • 日中も意外に活動しているノコギリクワガタ。
いきなりクワガタを見つけて幸先が良いと思われたが、後が続かず、植物もこれと言って撮るものが見当たらず・・・とりあえず先に進む。
葉っぱの裏に隠れる子カマキリ。 まだまだ、小さい。
カマキリ
園内では各所で、盛んに芝刈りが行われている。
やはり、デング熱やジカ熱など、ニュースの影響があるのだろう。
芝刈り機
僅かに咲いているアジサイ。
アジサイ
被写体の昆虫は、どんどん地味になり、赤くないアキアカネ。
アキアカネ
寄れるだけ寄ってみたツマグロヒョウモン。
ツマグロヒョウモン
丸いヒゴダイの花。これから青くなるらしい。
ヒゴダイ
黄色い花に乗っていたツユムシ。
ツユムシ
日本庭園にいたのは、枝に止まったショウジョウトンボ。
オレンジなのでメスなのだろう。
ショウジョウトンボ
地味な雑草、ヤブガラシに飛来したお馴染みのアゲハ。
今日は、あまり蝶を見なかった。
ナミアゲハ
ちょこちょこと、セミの抜け殻を見かける季節になってきた。
ニイニイゼミの声に紛れて、時折、ミンミンゼミの声も聴こえる。
セミの抜け殻
先ほどクワガタがいた場所には、アカボシゴマダラが来て樹液を吸っている。
アカボシゴマダラ

といったところで、今回は、クワガタなどがいたクルミの木から連想される...ナッツ関連株と思われる2社を見てみる。 ともにナッツの加工品なども扱っている会社だ。
  • 六甲バター
    「Q・B・B」ブランドのチーズの製造販売を主力とする会社。
  • 正栄食品工業
    製パン・製菓用材料を主力とする食品商社。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
六甲バター(東証1部) [食料品]
2,278円100株 20.11倍2.35倍 0.77%最高益
株主優待 3,000円相当の自社製品(チーズ等)
正栄食品工業(東証2部) [卸売業]
1,327円100株 11.7倍0.73倍 1.51%円高効果
株主優待 自社製品(菓子類詰合せ)など