紅葉シーズンが終わり、冬が到来したと思ったところで、気温の高い日が続いている。
皇居の二の丸雑木林は、木から葉が落ち冬の景観になってきた。
雑木林
それでも紅葉の遅い雑木林には、まだ紅葉したモミジもある。
モミジ
モミジ
枝に止まるアオジを見つけた。
殺風景な枯れ木になる冬は、野鳥を見かけやすくなる季節だ。
ただ、自分のズームレンズでは距離が遠く、思い切って切り抜いている。
アオジ
冬の景観となった二の丸庭園。
庭園
意外に足元近くにいたシロハラ。
シロハラ
滝とモミジ。
滝
ススキ。
ススキ
梅林坂を上がってきた。
モミジの紅葉は残っているが、梅の木は、まだ枯れ木だ。
梅林坂

北の丸公園の「もみじ苑」に僅かに残ったモミジ。
もみじ苑
雑木林のあずま屋と滝周辺のモミジは紅葉が、かなり遅く、今が見頃だ。
  • 滝とモミジ
  • 滝とモミジ
  • あずま屋から見たモミジ
  • あずま屋から見たモミジ
  • あずま屋から見たモミジ
  • モミジとヒヨドリ
  • あずま屋から見たモミジ
  • 下から見た滝とモミジ
カラスの行水。
相変わらず、北の丸公園の雑木林にはカラスが多い。
カラス
水を飲みに来ている鷽。
菅原道真を祀る天満宮系の神社では鷽替えの神事なんてものがあり、 なんでも、読みが“うそ”であることから、前年にあった災厄・凶事などを嘘として今年は良い年になるように祈るものらしい。
ウソ
おなじみのカルガモ。
カルガモ
アトリらしい。
さほど鳥に詳しいわけではないので、スズメサイズの鳥の区別は難しい。
アトリ
翅を開いて日を浴びるウラギンシジミ。
越冬する蝶みたいなのだが、この時期には、あまり見かけないと思う。
ウラギンシジミ

皇居東御苑に戻り、本丸の熟した柿。
柿
オスのジョウビタキ。
オスメスの区別が容易な鳥の一つだ。
もっとも、アングルが下からだったので、なんの鳥かが、なかなかわからなかった。
ジョウビタキ
昼寝中か?
猫
再び、二の丸庭園。
モミジ
逆光と露出アンダーで太陽の光条を出してみたが・・・暗すぎるか。
庭園
滝上のモミジ。
庭園
滝上から庭園を見下ろす。
庭園
枯れ枝に止まるスズメ。
スズメ
近くには、ヤマガラもいた。
ヤマガラ

冬になり、身近な野鳥の姿を見かける機会が増えた、といったところから、 今回は、近頃また、話題となっている鳥インフルエンザ関連の株をいくつか見てみる。
  • デンカ
    機能性樹脂や合成ゴムなどを製造する化学品メーカー。
    子会社が、鳥インフルエンザのワクチンを製造。
  • ダイワボウホールディングス
    大手紡績メーカーだが、ITインフラ事業に注力。
    ウイルスを減少させる抗ウイルス不織布を製造。
  • 大幸薬品
    正露丸で知られる医薬品メーカー。感染管理製品にも注力。
    ウィルス除去に効果があるという製品を製造。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
デンカ(東証1部) [化学]
521円1000株 14.72倍1.17倍 2.69%下振れ
株主優待 特になし
ダイワボウホールディングス(東証1部) [卸売業]
294円1000株 10.1倍0.98倍 2.38%増額
株主優待 特になし
大幸薬品(東証1部) [医薬品]
1,804円100株 29.53倍1.76倍 0.83%停滞
株主優待 特になし