東京は、梅まつりのシーズンになっている。
今回は、まず、小村井香取神社へと向かうのだが、途中の墨田区京島は昭和の風情が残る街として知られている。 ここは、二丁目の長屋で、今では下町でもほとんど見ることのない光景だ。
長屋
亀戸線の踏切。
亀戸線
三丁目の長屋。
昭和の下町京島の象徴的な建物だ。
長屋
いかにも下町らしい町並みが京島には残っている。
京島の路地
亀戸線の踏切を渡り、小村井香取神社がある墨田区文化に入ってきた。
亀戸線
小村井香取神社

ここは、江戸時代に人気を集めたという梅屋敷の歴史を伝える場所だ。
境内の梅は、ちょうど見頃で、こぢんまりとした境内は混雑している。
梅まつりの始まった土曜というのもあるが、このおねえさんたちを撮影するカメラが多いせいもある。
小村井香取神社
梅は咲いているが、残念ながら曇天となってしまい空が暗い。
  • 小村井香取神社の梅とすみだ親善大使
  • 小村井香取神社の梅とすみだ親善大使
  • 小村井香取神社梅まつりの野点
  • 小村井香取神社の枝垂れ梅
  • 小村井香取神社の枝垂れ梅
  • 小村井香取神社の梅とメジロ
  • 小村井香取神社の梅とメジロ
  • 小村井香取神社の枝垂れ梅
  • 小村井香取神社の枝垂れ梅
小村井香取神社を後にして、次は亀戸天神に向かう。
小村井香取神社
亀戸天神

天神さま系の神社は、梅の名所が多く亀戸天神もその一つだ。
境内に入ると猿がたそがれている。
猿
梅にメジロは、やはり定番でいないとさみしく感じる。
メジロ
お約束のスカイツリーだが、また、一段と空が暗くなっている。
スカイツリー
太鼓橋とピンクの枝垂れ梅。
太鼓橋
太鼓橋の上から社殿方向。
太鼓橋
逆側から見ていた枝垂れ梅。
枝垂れ梅
枝垂れ梅と太鼓橋。
太鼓橋
雨は降らないようだが、完全に日が陰ってしまい寒くなってきたので、今日は、このあたりで撤収。
太鼓橋

といったところで、今日は、小村井香取神社のある墨田区文化に本社がある「不二硝子」と、東京工場がある「花王」の株を見てみる。
  • 不二硝子
    アンプルなどの医療用ガラスメーカー。
  • 花王
    日用品・化粧品の大手メーカー。本社は日本橋。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
不二硝子 (JASDAQ) [ガラス・土石製品]
447円100株 12.77倍0.41倍 1.68%減益幅縮小
株主優待 特になし
花王(東証1部) [化学]
5,696円100株 20.43倍4.13倍 1.9%最高益
株主優待 特になし