東京で桜の満開宣言が出たが、標準木のある靖国神社の開花が早いため、実際には五分咲き程度のところが多いのではないだろうか。
今回は、尾久の原公園という荒川区にある都立公園に来た。
特に有名な桜の名所でもなんでもないが、200本にもなるという枝垂れ桜が植えられている。
ただ、まだ意外に咲いてない・・・咲いている木が少ない・・・
枝垂れ桜
数年前に見たときには、小さかった木も大きくなり、すっかりお花見スポットして定着しているようだ。
枝垂れ桜
尾久の原公園は、旭電化工業(現:ADEKA)尾久工場跡地の東側半分だとかで、西側にはADEKAの本社や、首都大学東京の荒川キャンパスなどがある。 数年前に基準値オーバーのダイオキシン等が検出され、しばらく工事をしていたようだが、あらかた終わったのだろうか?
枝垂れ桜
枝垂れ桜
桜の他に、風景的には、これといってないが、青空の下で満開の木が揃えば綺麗な写真は撮れそうな気がする。
枝垂れ桜
  • 尾久の原公園の枝垂れ桜
  • 尾久の原公園の枝垂れ桜
  • 尾久の原公園の枝垂れ桜
  • 尾久の原公園の枝垂れ桜
  • 尾久の原公園の枝垂れ桜

といったところで、今回は、やはりADEKAの株を見てみる。
大正6年に、か性ソーダを製造する旭電化工業株式会社として設立され、 現在は、プラスチック用添加剤などの化学品と、マーガリンなどの食品製品が主な事業となっている。 正直、よくわからないが、機能化学品という分野が主力事業であるらしい。
四季報の業績コメントは「横ばい」。今期の業績アップの要因である原料安が来期までは続かないということか?ただ、業績が悪いわけではなさそう。

ADEKA (2017/3/31)
東証1部(化学)
決算 3月(権利確定月)
株価 1,622円(100株単位)
PER 12.01倍
PBR 1.02倍
配当 35円(2.16%)
株主優待
特になし