週末は2日続けて、皇居を訪れた。
6月に入り梅雨が控えているが、今日あたりは、まださほどの暑さもない。
二の丸庭園では、花菖蒲が見頃に入っている。
二の丸庭園
花菖蒲
花菖蒲
池のヒメコウホネで翅を休めているオスのコフキトンボ。
今回も、ここからは花菖蒲も、そこそこに身近な昆虫シリーズ中心でいく。
コフキトンボ
サツキは、ピークを過ぎ、疎らになりつつあるか。
二の丸庭園
サツキには、数羽のアゲハが飛来している。
少し大きめに見えるので、そろそろ春型から夏型に変わったかもしれない。
  • サツキに飛来したアゲハ
  • サツキに飛来したアゲハ
  • サツキに飛来したアゲハ
  • サツキに飛来したアゲハ
オオスカシバなんかもいる。
オオスカシバ

北の公園に移動。
クロアゲハが翅を休めている。
オリンパスPL-6では、マクロや望遠は手ブレが厳しい。
依然、修理中のEM5-MK兇良帰が待たれるところだ。
クロアゲハ
薄暗い雑木林のあずま屋。
あずま屋
あずま屋にいたクロヒカゲ。
クロヒカゲ
明るいところに出てきて、お馴染みのモンシロチョウ。
モンシロチョウ
さらにベニシジミと、ありふれたものたちを写したところで、皇居に戻る。
ベニシジミ

皇居に戻ってきた。
本丸の紫陽花も咲き始めたが、見頃となるのは、まだこれからだ。
紫陽花
紫陽花
紫陽花の見頃に合わせるようにベニイトトンボも増えてくるはずだ。
ベニイトトンボ
モノサシトンボは、やや大きめのイトトンボだ。
モノサシトンボ
なぜか逃げないので正面にも回って見た。
モノサシトンボ
再び、二の丸庭園の池。
産卵のため水面を飛ぶコシアキトンボ。
コシアキトンボ
翅を休めるシオカラトンボ。
シオカラトンボ
一応、また花菖蒲も撮っておく。
花菖蒲

連日の皇居二の丸庭園。
日に日に花菖蒲は見頃になっているが、かと言って昨日の今日では目に見える変化も感じづらい。
二の丸庭園
見頃なサツキは、もう少ない。
サツキ
シランの花に止まったオビトンボ型と呼ばれるメスのコフキトンボ。
翅の赤いラインが特徴だ。
オビトンボ
真っ赤なショウジョウトンボのオス。
今は、蝶も飛んでいないので、とりあえず北の丸公園に移動。
ショウジョウトンボ

歩道の植え込みにいたのは、トンボエダシャクらしい。
蛾だと思うからなのか、オレンジで模様もあるが華やかさがない。
トンボエダシャク
今日の北の丸公園は、特に被写体が見つからない。
北の丸公園
とりあえず、ベニシジミを撮ってみた。
ベニシジミ

皇居に戻ってきた。
なんとなく逆光で、モミジを撮ってみた。
モミジ
ウツギに飛来したアオスジアゲハ。
アオスジアゲハ
ショウジョウトンボのメス。
ショウジョウトンボ
雑木林にいたナナフシ。
まだ、小さいが、翅が生えるわけえもなく成虫と同じ形をしている。
ナナフシ
二の丸庭園のサツキは、だいぶ疎らになった。
二の丸庭園
まばらなサツキで蜜を吸うクロアゲハ。
クロアゲハ
カラスアゲハもいたが、影になる場所で綺麗に色が出ない。
カラスアゲハ
普通のアゲハもきた。
アゲハ
まだ、未成熟のコフキトンボ。
コフキトンボ
見頃になった二の丸庭園の花菖蒲。
  • 二の丸庭園の花菖蒲
  • 二の丸庭園の花菖蒲
  • 二の丸庭園の花菖蒲
  • 二の丸庭園の花菖蒲
  • 二の丸庭園の花菖蒲

花菖蒲田
今回は、花菖蒲田のバックで、真ん中辺りに聳える日経ビルとJAビルの施工企業、鹿島建設と清水建設の株を見てみる。
株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
鹿島建設(東証1部) [建設業]
862円1000株 10.01倍1.63倍 2.32%最高益続く
株主優待 特になし
清水建設(東証1部) [建設業]
1,130円1000株 12.56倍1.55倍 1.77%最高益水準
株主優待 自社木工製品