本土寺

11月も終盤となり、関東の名所では、続々と紅葉シーズンがピークを迎えている。 朝はあまり感じなかったが、予報によると、冬服では暑いくらいの陽気となるらしい。 そんな晴天の下、訪れたのは千葉県松戸市の本土寺。 あじさい寺として有名だが、個人的には紅葉の季節こそベストという印象だ。 山門付近は、とくに人が多く撮影は困難だ。
山門
五重塔とモミジの赤を意識したが、イチョウが散ってしまっていて、やや物足りない感じに見える。
五重塔
横に回ってみると、モミジと五重塔が被り過ぎている。
五重塔
本堂前のモミジ。
本堂
一番の見所は、回廊前のモミジ。 ただ、写真ではキレイな部分を選んで撮れるものの、全体的にはピークを過ぎている。
竹林とモミジ。
竹林
赤と黄色のモミジ。
紅葉
回廊の廊下。
回廊
稲荷社の狐と紅葉。
狐
狐
銭洗弁天。
龍
弁天池と弁天堂。
弁天堂
もみじ
赤門前のモミジ。
赤門
赤いモミジと五重塔。
五重塔
山門前のモミジを横から見たところ。
今日は、このあたりが最もキレイに見えた。
山門
本土寺を後にして、いつもセットで見に行く東漸寺へと向かう。
山門
東漸寺

東漸寺の総門前に立つと、鮮やかなモミジが見頃を迎えている。
タイミング的には、本土寺よりも良いように感じる。
総門
山門前のモミジも、いい感じに紅葉している。
山門
山門の狛犬。
狛犬
一番期待していた、鐘楼前のモミジはピークを過ぎている。
本土寺も東漸寺も、日当たりの良い場所は最盛期が終わり、やや日当たりの悪い場所の紅葉が見頃になっているようだ。
もみじ
落ち葉。
もみじ
中雀門とモミジ。
中雀門
六地蔵とモミジ。
六地蔵
だいぶ、散っているイチョウ。
イチョウ
絵馬。
絵馬
中雀門を出て、参道を引き返す。
中雀門
東漸寺は幼稚園を経営しているようで、帰りのバスが出ていく。
山門
今回は、どちらの寺院もベストポイントは今ひとつだったが、全体的には充分に紅葉を楽しむことができた。
山門
東漸寺は、江戸時代に小金宿があった旧水戸街道にある。
旧水戸街道から本土寺参道への入り口付近がJR北小金駅の駅前で、小金宿の案内板が出ている。 また、このあたりは、ドラッグストアマツモトキヨシ発祥の地でもあるらしい。
小金宿の案内

マツモトキヨシは、最も知名度の高いドラッグストアであろう。
昭和7年、東葛飾郡小金町で松本薬舗として創業、 昭和27年にマツモトキヨシ薬店が設立されている。 平成19年に、持株会社へ移行し、現在の本社は松戸市新松戸にある。
ちょっと意外だったのは、業界1位ではなく、ウエルシア薬局を展開するイオン系のウエルシアホールディングスがトップであるらしいことだ。

株価単元 PERPBR 配当率時価総額
マツモトキヨシホールディングス (東証1部) [小売業]
9,280円100株 25.09倍2.54倍 1.19%4,015億円
株主優待 自社グループ商品券
ウエルシアホールディングス(東証1部) [小売業]
4,810円100株 31.92倍4.05倍 0.67%4,470億円
株主優待 )買物券・栄養ドリンク・コシヒカリ新米・Webショップ利用券・「Tポイント」の付与