六義園

今年も師走に入った。やや早めだった紅葉シーズンは、今が最盛期か、あるいは旬を過ぎたか微妙なタイミングと思われる。 前回は、まだまだ早すぎた六義園でも、紅葉が佳境を迎え、渡月橋では、赤く染まったハゼノキとモミジが鮮やかに見える。
渡月橋
築山から見下ろす園内。
すでに葉が散ってしまった木も目につく。
築山
遅めに紅葉する築山裏手の薄暗い場所が六義園のベストスポットだ。
山陰橋からつつじ茶屋を見るアングルでは、キレイな紅葉が見られる。
つつじ茶屋
水面に映る紅葉。
つつじ茶屋
しかし、逆につつじ茶屋から山陰橋を見る側は、全然良くない。
そもそも葉が終わってきているように見える。 光の加減で鮮やかさは全く違ってくるが、ここまで、印象が変わることは珍しい。
つつじ茶屋
赤いところだけを選んで写してみる。
つつじ茶屋
売店前。ドウダンツツジの植え込みの赤も疎らに。
売店
滝見の茶屋付近。紅葉はしているが日が差さず鮮やかさがない。
滝見の茶屋
雪吊りが立ち冬の装いの池周り。
池
茶室。
茶室
紅葉したモミジ。
もみじ
竹林の紅葉。
竹林
上野公園

イチョウの下で考える人がいる上野公園に移動してきた。
桜の名所というイメージが強い場所だが、紅葉の見どころも結構多い。
考える人
イチョウの下の野口さん。
野口英世
まずは、バックに見える東京国立博物館に入る。
噴水
今が旬のイチョウ。
イチョウ
日本庭園の今が旬のモミジ。
庭園
紅葉したモミジ。
庭園
茶室の水鉢。
庭園
博物館を出て、東照宮参道の石灯籠。
石灯籠
伊豆栄の提灯と紅葉。
提灯
通称「お化け灯籠」とモミジ。
お化け灯籠
上野大仏の幟。
幟
清水堂の手水。
手水
清水堂から不忍池弁天堂を見たところ。
清水の舞台

東京国立博物館に寄付をすることにより法人税の優遇措置を受ける制度があるのだという。 今回は、その特別会員というものにラインナップされている上場企業を見てみる。 大日本印刷・凸版印刷・NISSHA(日本写真印刷)と、印刷業界の割合が多いところが特徴だ。
<< 東京国立博物館 特別会員の企業 >>
(項目clickで昇降順並び替え)