気がむいたらの日記

気が向いたときだけフラ〜っと書く日記です。稽古の進行状況から何となく思ったとりとめのない事まで、幅広く(節操なしに)綴ります。

空から大福後記☆

さて

「芝浜」

この、空から大福後記を書くのも、今日のブログが書きたかったからと言っても過言ではありません。

この作品が今回、キーとなりました。

この作品は、30分の二人芝居。

前半はまだしも、後半は演じるぼくたちも多分見ているお客さんも集中力マックスになる作品。

IMG_0961

そのヒリヒリ感が生み出す感動って、絶対あるんです。

グイグイ引き込まれて、最後にふっと心が解放されて、終わる。

そのヒリヒリ感のために僕らは苦しみ、そしてそれが見せ場なのだと福島桂子さんと話していました。

でも本番1週間くらい前に、この芝浜を前半後半で、休憩入れて分けたらどうかなと横山さんから提案がありました。

冗談じゃない!

僕も桂子さんも憤慨しました。

そもそも落語は噺の途中に休憩なんて入らないし、ヒリヒリ感がなくなると。


とりあえずやってみよう

と何だか穏やかに言われ、色々作品の順番が変わり、通し稽古が行われました。
(多分、この時点で横山さんには勝算があったのだと思われます)

スムーズに通し稽古がおわる。

前日の提案で憤慨したものの、スムーズ感は否めない。

でも、僕は「芝浜」は通してやりたい。

横山さんも、僕らの気持ちを尊重してくれて、その日は元通りの順番でやることになり稽古は終わりました。

でも、夜。全体ラインに

言えなかったけど、分けてやるのもアリだと思う

という旨のLINEを発端に、それぞれが意見を出し始める。

殆どが、わけるのもアリという意見でした。

僕と桂子さんは、全体ラインと並行して2人のLINEで意見を交換し始めます。

 演者としては、通してやりたい。

 でも、みていたみんなの意見は、つまりお客さんの意見に近いのだろうね

 「芝浜」という作品を知っているお客さんばかりでは全然ないから、わけるとやっぱり微妙な空気で休憩になるのでは?

 落語で、噺の途中に休憩はいれない。でも、これは落転ミュージカルだから…。

そんなやりとりを何時間もしつつ、答えは出ないまま次の日の稽古に。

僕の中でその段階で出ていた結論は、

大切なのはお客さんにとって良いのがどちらなのかというその一点。

みんなで、朝集まってすぐにたくさん話し合いました。
本番前の、時間が足りない時に。

そもそも上演時間が長くなってしまったのが話しの発端だったから、その解決策として犠牲になるみたいな感覚があったんです。でも、そこも正直にみんなで話して、そして横山さんの元に集まった集団なのだから、横山さんが決めてくれたら何の迷いもなく、従えるという結論になりました。

そしたら横山さんがニコニコ言いました。

分けてやってみよう😊


多分ね、どちらが正解とかないんです。
どちらも正解なんです。だからモヤモヤしたんです。

でも、スッキリした。

そして、劇団なら日常茶飯事でも、劇団以外では本当になかなかない「意見をみんなでぶつけ合うという機会」が、カンパニーを一つにした感覚が、確かにみんなにあったんです。

若い子も意見を言いました。もしかしたら、言わされました😆

若手公演があって、少なからずプレッシャーもあった僕らが、僕らの公演をお客さんに提示する、そんな覚悟を決めさせてくれた、「芝浜」問題でした♩

僕はこの日をきっかけに、この落転カンパニーを横山座と呼び始めました。

横山さんの作り出す世界が好きで、横山さんの作品に出演したい人が集まる集団。
横山さんと勝負して、最後は横山さんの意見を信じぬく集団。

過去に出演して、今回出てない人も、また出たいなら横山座。

横山座落転ミュージカル、次回に向けて動き出しています。

IMG_1022
そんなみんなの横山さん
IMG_0991

場内飲食禁止と20代の制作の女の子に怒られ、外階段でアイスクリームを食べる70歳😆

元気で長生きしてね。
たくさん日本のオリジナルミュージカル、作ってね。


空から大福後記◆

「七度狐」からバトンを渡されるのは「天狗のさばき」という作品。

妻から「夢でも見て、生活が良くなるお告げをもらってこい」と無理難題を言われた男が、夢の中で大成功をする。しかし、起きてみたらいつもの日常だったという、落語に多い夢オチです。

落語では、その夢の部分をいかに面白く伝えるかがほぼ全てで、オチとしては

お後がよろしいようで…

で拍手が起こりチャンチャン♩となるのですが、落転ミュージカルだと、夢オチって難しいんですよね。

え?
おわり?

みたいな空気が漂うので😆😆

芝居稽古で最後まで行っても横山さんが手を叩いてくれず、演者がもがく稽古場の地獄タイムが発動されがちな作品です😆

打ち上げで横山さんが言っていたのは

夢の中の住人たちは、とにかくアクセル全開で突き進めとの事。それが夢なのかどうかとかお客さんに考えさせる時間も与えず、最後に突然終わるでよいと。

まず隣の男(喜元和よしもとのどかちゃん)がでてくる。おどりまくる😆

次に長屋の大家がでてくる。(仲村)勇哉くんがいつも通りものすごく突き進む😆

奉行所に連れて行かれ、(徳垣)友ちゃんが出てくる。
ここ僕が一番好きなシーン。何回も見たお客さんもいらっしゃいますからお気づきかもしれませんが、本当に友ちゃんは毎回ちがう。スゴイ。勝算とかなく、突き進む😆😆
FullSizeRender

しかも嫌味がないので、お客さんを味方につけて笑いを起こす。尊敬しちゃう。

そして、天狗👺の登場。
どうしても、後から出てくる人の方がハードルが高くなるのですが、(麻田)キョウヤくんが空間を支配する😆

はけてきた後のキョウヤくんの消耗具合ったらない😆😆😆
その写真がないのが残念。20歳くらい老けて帰ってきます😆

120%全力で頑張る久礼くんと、謎多き美女小田嶋茜子ちゃんの初々しいラブソングから、大嶋奈緒美ちゃんの手だれ感で日常に戻る。

このスイッチが秀逸。
手だれ感が、夢と現実をわける。

横山さんスゴイ。

あ、夢かー!

で拍手が起こると、いよいよ「芝浜」です。

汗だくの若手から、全力のタスキが渡されます。

さあ、ここから唯一のしっとり作品、「芝浜」です。

続く

空から大福後記 

七度狐という作品。
この作品大好き♩

お伊勢参りの旅人二人が、立ち寄ったお店でいかの木の芽和え欲しさに悪さを働き、その皿を道端に捨てたらキツネに当たってしまう。

そしてそのキツネに七度こらしめられるというお話し。

僕の出番としては、懲らしめられている二人を見ている老人😆
特に何もせず😆

この作品は上方落語で、つまり、関西の落語です。
なので旅人を演じた織田和磨くん、麻田キョウヤくん、そして狐を演じた徳垣友子ちゃんみんな関西人です。
同じく関西人の大嶋奈緒美ちゃん含めた4人ほぼ同年代で、いつも関西の話で盛り上がってました。

そんな時は輪に入れず、関西弁の台詞回しを必死に練習してました😆😆

テンポが良く、またベテラン😆中心なので、一番難しい幕開きの一本目をいつも任せられる作品です。

ただ今回はあたま山という、不条理な落語が最初に入ったため(一曲で完結2分くらい)、いくらか楽だったのかなぁ。

すごく見やすく、テンポアップしてました。

あたま山は5拍子なども入るめっちゃオシャレなジャズ。お客さんはポカン😶としていました。それで正解👍
この曲は頭の中で無限リピートされがち。

IMG_0960
(あたま山。さくらんぼのタネを食べたら頭から桜の木が生えるというお話)。


あの小劇場のあの距離でふんどしで踊るってなかなかですよね😆😆
キャスティングされなくてよかった😆

前回、久しぶりの舞台で少しカタめだった和磨くんも本調子♩
キョウヤくんはひょうひょうと点数を稼いでいく😆
友ちゃんはおそれを知らずドンドン突き進み続ける。

IMG_0862
(これ、稽古場で七度狐を見ている僕。
楽しんでます😆)

見ていてすごく頼りになる仲間たち。

僕は裏で、すでに「芝浜」に向けて心を高めている状態でした。


落転ミュージカルは、駅伝に似ている。いや、もっと短い400メートルリレーに似ている。

違うのは順位は問題じゃないということ。

それぞれが一生懸命自分の役割を果たし、客席の空気を一つにまとめ上げていく、そんなイメージです。

最高の第一走者は「天狗のさばき」へとバトンを渡します。

続く



キャンプデビュー☆

公演後記といいつつ、今回はキャンプデビューのお話😊

IMG_1055

公演がおわり、代わりに妻が忙しさマックスになり、さあ、子供と何しようです。

実は一つ決まっていたこと。

それは、キャンプ。

保育園の友だちがキャンプに行くらしく、やってみたいと言うのです。

織田和磨くんとか、照井くんとか、アウトドア派はたくさんいるけどなんとなく手をつけずにきたジャンル。

濁してきたのですが、本番10日くらい前に稽古場でインフルエンザが流行り、稽古が5日間無くなった時があったのです。

僕は微熱だけど、異常に身体がダルく2日ほど寝たきり。
その後回復したけど大事をとって寝たきり😆

その時に、色々動画を見て調べたのです。

キャンプ。

日帰りキャンプ(デイキャンプ)。

バイクでソロキャンプ(キャンプツーリング)。

こ、これは!!
楽しそう…😆😆



とりあえず子供とのキャンプは

日帰り。

焚き火。

お湯沸かして、カップラーメン。
(子供は人生2度目のカップラーメン😆)。

それを目標にして。


個人的には焼きおにぎりや、鉄板でお肉も焼いてみたい。コーヒーも飲みたい😆


で、終演後調べておいたキャンプグッズを揃え始めます(これが楽しい)。

と言っても、ハマらない場合も考えて、百均中心😊
焚き火用品だけ3000円弱したけど、とりあえずはリサイクルショップやら百均やらで5000円もかからなかった。

で、
IMG_1063

これが楽しかったんです😆😆😆

ヤバい。

焼きおにぎりとコーヒーはうまくいかなかったけど、マシュマロ焼いたりお肉焼いたり。
これから少し道具を揃えて、デイキャンプからのキャンプツーリング、してみたいと思います!!

少し道具を揃えて…

がヤバいらしい😆

沼りそうです。


愛は勝つ☆

KANさんが亡くなりました。
61歳ですって。

高校時代の友人から、久しぶりにLINEが来たと思ったら、

KANさん亡くなったってよ!
聞いてたのが高校だから、もう30年前かー!

との事。

KANさんといえば、大ヒットした「愛は勝つ」が有名でしたが、クラシックピアノを幼少期から学んだせいかメロディックな曲が多く、また僕も好きなビリージョエルが好きで、オマージュした作品も多いのです。

1996年。アメリカの大学を休学し、日本でミュージカルに足を踏み入れた時、(スタッフとして)関わらせて頂いたミュージカルが、マリアートの「UP・RUSH」。楽曲提供にKANさんがいて、稽古場でご挨拶させていただいた事をおぼえています。

その作品の最後に歌われる歌の歌詞が

強く思えば必ず叶う、あなたの夢が

繰り返されるその歌詞を真っ暗な袖の中で聴きながら、見切れ線の向こうの眩しいライトの中へ僕も行くんだと決意して、大学を辞めました。

いわば僕を間接的にこの世界へ引きずり込んでくれた方。

ご冥福を心からお祈りいたします。

早すぎるよ…


僕が大好きだった曲。他にもたくさんありますが。

東京ライフ
けやき通りがいろづく頃
1989
全ての悲しみにさよならするために

名曲ばかりです…。

IMG_1083


空から大福終演☆

空から大福、無事終演致しました。
ありがとうございました😊

おかげさまで全公演完売となりました。
嬉し〜😭

IMG_1022

怪我人もいたし、ノンマイクだから役によっては喉がキツイ人もいて、本当にギリギリの公演でした。

10年前なら、呑みまくっていたであろうメンツなのにほとんどお酒も飲まず😆😆

芝浜の男のように、打ち上げの日にひさーしぶりのお酒を傾けるのでした。

FullSizeRender

すこーしだけ、公演後記をこれから綴っていこうと思います♩

とりあえず、ありがとうございました!!


空から大福本番☆

さあ、土日公演を残すのみとなりました。

おかげさまで土日は完売となっております。
全公演、ほぼ完売。おそらく集客率は95%を超えております。
うれしいーーーー!!!

でも小劇場ならではのマジックがありまして、ご連絡頂ければなんとかお席を作り出す事ができる可能性があります。

もしどうしても!という方いらっしゃいましたらご連絡下さいね♩

さて、ノンマイク、ノンメイク(男性)でお送りしております本公演、そろそろ喉がキツくなってきましたよ😆😆

IMG_0989


(画像は昼夜公演の間の一コマ)
いろーーんな飴やらお茶やら、もちろん薬やらで誤魔化し誤魔化し、好きなお酒も絶って頑張っております。

あと3回、なんとか乗り切って、そして美味しいお酒をたらふく飲みたいと思います!!

今日も暑く、激しく楽しんできます!!
IMG_0990


IMG_0991

この最後の画像は、劇場の隣にある栗🌰屋さんのソフトクリームを買って、ウキウキ戻ってきた横山さんが、場内飲食禁止ですと追い出されて外で食べてるところ😆
かわいそう😆
でも仕方ない😆
かわいい😆

空から大福本番◆

空から大福、2日目が終わりました。

IMG_0962

この落転シリーズはいつも土日はすぐ完売し、平日は幕が開いてから一気にチケットが動くのです。

なので今回は、とにかく初日を完売させたい!とみんなで言ってきました。
そして、初日無事完売!

本日の公演も、一気に増えてほぼ完売。
明日も残り2〜3席となっております。

嬉しいな〜😆

金曜夜だけ、何故かまだ20枚くらい残ってます。
狙い目です。

急に行けるよ!となった方、ご連絡お待ちしております。

また、キャンセル、事故席(なんかあった時用のお席)の開放などもあり、土日などの完売公演でも、ご連絡くだされば入れる可能性はあります。

こちらもご連絡、お待ちしております。


一つ大切なインフォメーションです。

面会はありません

となっております。劇場側からの要請もあり、オフィシャルな面会は無しとなっているんですが、ここは下北沢。
実際は黙認となっているようです。

なので、終演後は着替えたりしてすぐに外に出て行きます。
そこで皆さんにお会いできたら嬉しいな😊

お知り合いでなくても、感想などお伝え頂けたり、写真などもありがたく受けさせて頂きます。気軽にお声がけください♩

もちろん、アンケートなども書いてくださるとワタクシとても喜びます。

よろしくお願いします🙇‍♀️

IMG_0960

それでは下北沢、楽園でお待ちしております!

空から大福本番☆

さて、早いものでいよいよ本日初日でございます。

IMG_0888

劇場案内をするための写真を撮り忘れてしまいました…。

不安な方、申し訳ありませんが去年の10月25日のブログに道案内がございますので、そちらをご参照くださいませ😊

おかげさまでほぼほぼ満席となりました。

わーー!!😆😆😆
嬉しい〜!!

ありがとうございます!

でも、特に平日の夜はまだ少しだけお席ございます。
予定が急に空いたよ!
と言う方、ご連絡お待ちしております。

3〜4日前かな。
上演時間が少し1幕と2幕で偏りまして。
演目の順番や演出の変更が行われました。

その変更について、かなりの話し合いがもたれました。
みんなで本音をぶつけ合って、そしてしっかり納得のいく形で初日を迎えられる事となりました。

やっぱり、劇団っぽいな〜😆😆

上演時間は10分の休憩込みで2時間40分を予定しています。長い!

長さを感じさせないように、がんばります!

お待ちしております!

IMG_0946
IMG_0254
IMG_0255

セブンイレブン事件(後編)☆

コーヒーを手にしたその女性が、わざわざ引き返してきて僕にこう言ったのです。

実はワタシね…
(前編からの続き)

この店舗じゃないんだけど、セブンイレブンのオーナーなのよ。
でも、ほとんど行った事なくて…
ホホホ♩

コーヒーの入れ方を教えてあげるのと、普通の会話をするのとは大きな違い。

わざわざ引き返してきて、上品な女性が、そんなことを言ったので楽しかったよ♩

というしょうもないお話し。

そんなオーナーもいるのねぇ…。

IMG_0878

「棚からぼたもち」、土日と、金曜日の昼は完売しました。

あとは火曜日から金曜日までの夜公演のみです。
ご注意ください♩
ご連絡、お待ちしてます☺️

IMG_0255
過去の記事
プロフィール

アメリカの大学を中退後マリアートスタジオ(玉野和紀氏)にてダンスを始める。劇団扉座(横内謙介氏)、Steps(横山由和氏)を経て、現在フリー。

「日本のオリジナルミュージカル」への出演にこだわり、Steps、音楽座(リトルプリンス2011飛行士役)、わらび座(ATOMアズリ役)、坊っちゃん劇場(鶴姫伝説クロタカ役)、ミュージカル座(ロストフォレスト男役)、他数々の団体、作品で主演を務める。

多彩な芸歴から好青年から熱血漢、女形、コメディと演技のふり幅は広い。

タップダンスを中心に振付作品も多く、2014年11月には池袋シアターグリーンにて、オリジナルミュージカル「紫陽花河原恋顚末(あじさいかわらこいのてんまつ)」の作・演出も手掛け好評を得た(販売DVDあります)。

2016年からは劇団四季への客演も始まり、「CATS」(マンゴジェリー役)、「リトルマーメイド」に出演。

チラシや公演などへのお問い合わせ、チケットのお申し込みなどはこちらのアドレスへご連絡ください。
ryosuke74@hotmail.com