受胎から出生までの間の赤ちゃんの成長を追ってみましょう。

妊娠1ヶ月
受精卵の直径は0.15mm、もちろん細胞数は1個です。
受胎後2週:0.2mm 内胚葉、外胚葉ができます。
受胎後3週:0.2mm→2mm 中胚葉ができます。

妊娠2ヶ月
受胎後4-7週:身長2mm-5mm-30mmに成長、重さ4g-20g。 心臓、肝臓、肺臓が形成され、心臓では、3-7週にかけて、左右を分ける心中隔、心臓の動きを制御する刺激伝道系、心臓に血液を供給する冠動脈ができ始めます。
4週には心臓が拍動をはじめます。
5週以後、四肢、目、耳、顔などのヒトの原型がおおむね出来上がります。胎盤が完成します。

妊娠3ヶ月
受胎後8-11週:10週の身長7cm、体重20gm。顔や頭の基である鰓弓がなくなります。赤ちゃん誕生後に発見される耳の周りの小さな異常(副耳や耳ろう孔)は鰓弓が消える過程でのこったものです。
はじめはヒトの赤ちゃんも尾を持っているのですが、この尾が無くなるのもこの時期です。
赤ちゃんの胎動は8週頃始まります。ママが胎動を自覚するのは20週頃です。
下肢の運動は9週頃で、12週頃には口をあいたり手で顔に触れたりするようになります。
10週頃、腎臓が働き始め、羊水を飲み込んで尿を排泄し始めます。(腎臓で尿を濾過する尿細管は7週頃から形成され始めます。)

妊娠4ヶ月
受胎後12-15週:18cm、120gまで成長します。顔にうぶげが出、指・四肢が動きます。目が光に反応するようになります。外性器で性別が区別できるようになります。

妊娠5ヵ月
16-19週:20cm,250g。髪、爪が生えます。ヒトの特徴である大脳に神経細胞が140億個揃います。肺では、気管支、細気管支、肺胞ができます。

妊娠6ヶ月
20-23週:30cm、600g。眉毛、まつげ、全身のうぶげが生え、胎脂が皮膚を被います。横隔膜が呼吸に似た動きをするようになります。胎動が自覚されるようになります。

妊娠7ヶ月
24-27週:35cm,1000g。大脳が発達し、一部の神経細胞線維の髄鞘化が始まります。肺胞が発達し続け、肺胞数が成人の1/10,2400万個になります。28週以後には、出生後、肺胞を広げておくために必要なサーファクタントという物質が作られ始め、36週には出生して肺呼吸を始めても大丈夫な量になります。
24週には唇に触るものに吸い付く、吸てつ反射が見られます。胎内で赤ちゃんが指しゃぶりしている写真をご覧になったことがあると思います

妊娠8ヶ月
28-31週:45cm、2500g。腎機能が完成し盛んに羊水を飲み込み排尿するようになります。羊水量から、腎機能の正常異常を知る目安になります。いつ生まれても大丈夫になります。

妊娠9ヶ月
32-35週:皮下脂肪が増加し爪が指先より長くなります。

  免疫抗体は、分子量の小さいIgGは胎盤を越えて胎児に移行します。母から子に伝えられる麻疹、おたふくかぜの血中抗体がIgGです。分子量の大きいIgMや、アレルギーに関係するIgEは経胎盤移行はしません。

  胎内の成長をもっと大まかに表現すると、最初の16週頃までは細胞数が増え、17-32週は細胞数も増え一個の細胞が大きくもなります。33週以後は細胞数は増えず、細胞が育ち大きくなる時期です。

  成人の細胞数は37兆個、遺伝子の塩基数は30億個と言われていますが、新生児の細胞数は3兆個くらいです。

  それにしても、ただ一個の細胞(受精卵)が40週弱の胎内生活中に3兆個にも増え、0.2mmの卵細胞が身長50cm体重3kgの胎児に成長するという事実に驚かされます。

  おおいそぎで胎内の赤ちゃんの成長を追ってみました。妊娠初期の大切さと、妊娠中後期に気をつけるべきことのヒントを読み取っていただければ幸いです。