「日本産育習俗資料集成」は昭和初期の資料ですから、現在とは違います。

 赤ちゃんが一人歩きを始める時期は、昭和初期の小児科学の医学書には12-15ヶ月と書かれています。現在では、初誕生日には約50%の子がひとり歩きできます(母子健康手帳参照)、昭和初期に誕生日前に歩けた子は、約10%くらいだったようです。この数字を基に、お餅を背負う初誕生の行事を考えてください。

 赤ちゃんが満一年前に歩くと、タッタリ餅と称して餅を背負わせて、わざわざ転ばせる風習が岩手、宮城、山形、群馬から報告されています。群馬からの報告には、一升餅を背負わせても歩く子は、将来、遠方に行って生活し、歩けなかった子は一生親の膝許近くで暮らすと記されています。

 北陸地方では、お餅のかわりに、おはぎやあんころ餅を投げつけます。甘くすると子どもがダメになるといって、あんこに砂糖を入れなかったそうです。餅を足に投げつけて座らせないと親不孝になると考えられていました。

 このほか、倒れずに歩くと、位負けする,利巧すぎてよくない、親を養わない、家に居つかないなど、一歳前に歩くことを、むかしの人は喜ばなかったようです。

 山梨では歩き始めた時に餅を背負わせて箕の中に立たせて健康を祝い、これを立ち餅と呼びました。
 長野では、箕の中に入れて「しいなは出て行け、良い実は残れ」と唱える。「しいな」とは、実の入らないもみがらだけの米のことです。みかけだけで実のない人間になるなという祈りでしょう。箕というのは、口が開いた籠のような道具で、米や麦を実ともみがらに分けるときに使います。選別の道具で、箕は誕生祝だけでなく、子どもの行事によく登場しますが、箕の中に残るような実のあるひとであってくれという祈りをこめたものです。

 関西地方にも餅を背負わせる風習はありますが、力をためさせるとか、立てれば健脚になるとか、東日本・北日本とは違った意味を持たせています。

 九州地方では、餅踏みの風習があります。紅白の餅を踏ませ、子どもの将来を願い、、餅と持ちのゴロあわせでその家の地盤や財産を受け継ぐ儀式とし、その餅を近所に配ると記されています。
 大分県の報告では、子が誕生前に歩くのを嫌い、一升餅を重箱に入れて背負わせ、歩くところをほうきの先で突き倒すならわしがあるそうです。走り者(出奔者)にならぬようにとのまじないです。

 こうやって、初誕生と餅にまつわる全国の過去の行事をみますと、むかし親が子に託した希望、子どもの将来に事無きよう祈った心情がよくうかがわれます。人より出過ぎず、さりとておくれもせず、足腰強い人間になってほしいという、ひかえめな親心がわかります。このほうが人より一歩でも先んじてほしいと目の色を変えるより、親子とも心穏やかに日を過ごせたでしょう。image