還暦を迎えた人に赤いちゃんちゃんこや赤い座布団なんかを贈りますよね。
昔から気になってたので、そもそも還暦って何なのかって事と、なぜ赤色のものを贈るのかについて調べてみました。

答えは「還暦」の意味を調べる中で分かりました。

還暦とは、大辞林によると「〔干支(えと)が60年たつと一回りして、元にかえるところから〕数え年で六一歳をいう語。」となっています。

では、なぜ60年たつと一回りという事になるのでしょうか。
そこで関わってくるのが「十干十二支(じゅっかんじゅうにし)」です。

普通、干支と聞くと十二支を思い浮かべる人が多いと思います。十二支は「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」という年月や時刻などを表す呼称として用いられていて、年賀状ではその年の十二支のイラストを描いたりするので、馴染み深いと思います。それに比べてあまり馴染みがない(と思われる)十干の方ですが、こちらは「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」で十二支と組み合わせる事によって年や日を表します。

歴史の授業で「辛亥革命」とか「戊辰戦争」について習ったと思いますが、「辛亥」を例に挙げると、「辛」が十干で「亥」が十二支となっている事が分かります。この十干十二支の組み合わせは「甲子」に始まり「癸亥」まで60通り(10と12の最小公倍数は60)あり、年で考えた場合、干支は60年で一回りすることになります。

つまり、60年で十干十二支が1週して生まれた時のものと同じになる(暦が還る)事から、「還暦」という言葉は数え年で六十一歳(満六十歳)をいう語になっている訳です。

さて、ここでようやく還暦祝いに赤色のものを贈る事の理由が判明します。
結構単純な理由なんですが、「還暦」に生まれた年の干支に戻るという事から「赤ちゃんに還る」という意味合いが付加されて、赤色のものを贈りお祝いするという発想が生まれたそうです。

ちなみに「甲子園」は、1924年が十干十二支で表すと「甲子」の年だった事からその名が付いたそうです。
へぇ〜、へぇ〜。