預かりワンコの幸せ探し

レスキューされたワンちゃんの、新しいご家族を探しています。

☆★

DSC04998


台風一過。

いやはや、大変でした。

何がって、勇君は、風が強すぎると、怖くてお庭でおしっこが出来ないヘタレ男なのです。

なのでクレートごとサークルで囲って、ペットシーツを敷き詰めて
いつでもオッケーな状態にしておいたのですが
いつもと勝手が違う為、やってくれません!

で、結局台風が過ぎ去る夜の9時まで我慢しとりました^^;;;


何はともあれ、夜にはすっきりー。良かった、良かった。


DSC05014



楽しそうでしょ?
何だか最近、エンジョイしております(笑)


DSC05026

動きが激しすぎて、ブレブレになっちゃう。


勇君と仲良くなるには、ひたすら無視が効果的。

とても怖がりな子なので、自分に注意が向くと、すぐに体を固めてしまいます。
なので、目を合わせない、触らない、近くで話しかけない・・・を更に徹底。
ケージへの誘導の「ハウス」もなるべく体を勇気の方へ向けない。(ハウスはちゃんと理解してる)
体を固めたり、一瞬でも引いたら、こっちもすぐに引いてあげる。
とにかく信頼を得るために、
敵意はありません!
怖くありません!
無理強いはしません!
を貫きました。

そうすると、勇君から勝手に歩み寄ってくるんですよね〜。
日に日に心を許してくれるのを感じています。

あれほど(口回りしか)触らせなかった体ですが、今日は頭、今日は足、今日は背中・・・
と徐々にハードルを低くしてくれています!!
背中はまだ緊張が走るので、無理強いせず、勇気が心を開くまで待ちたいと思います^^


ビビりには無視が効果的!
分かっていたはずなのに、なんで、今までもっと徹底しなかったんだろう〜〜〜(涙)
何を血迷っていたんだ、自分・・・
と自分の浅はかさを悔やんでおります。
と、ともにすごく勉強になりました!

中途半端ではダメですね。

無視って一見すると、冷たいとか酷いとか思われがちですが
犬サイドの気持ちに立って考えてあげると、
恐怖心から愛情をシャットダウンしているワンコにとっては
無視も立派な愛情です。

そして、無視って、やってる本人は結構な苦痛なんです。^^;
意識して空気のように振舞うって、結構大変。

改善してあげるためには、根気や忍耐が必要だとしみじみ感じます〜。

お散歩をちょくちょく始めているのですが、尻尾は不安げな様子を見せ
体も低姿勢・・・

いきなりダッシュ!
・・・・・・あの茂みに隠れたいのかぃ?^^:::


なかなか慣れない様子の勇気。


特に車が沢山停車しているような場所などは、頭の中が混乱状態になっております・・・。



こんな子は、本当は落ち着いて頼りがいのあるタイプの先住犬と一緒に散歩をするのが一番だと分かっているのですが、何ぶん、いきなり突拍子もない行動をとるので、まずは逃がさないこと、が最優先。
リードも2本装着です。
逃げたら、おしまい。永遠にさよーなら〜、になっちゃうかと^^;

お利口にリードを緩めて歩けるときも増えてきたのですが
突然、何かに怯え、逃げ出したくて、私の周りを円を描くように、引っ張ったりするので
先住犬と一緒はちょっと厳しいかも。


なので悪戦苦闘しながらも、勇気だけで少しずつ散歩のお勉強を進めておりました。
でもパニック状態でのお散歩を続けたところで、何の意味もないよなぁ・・・・と。




1周目は一人散歩で、パニックを起こしていた。


よし、今日は腹をくくって、ボス犬と一緒に歩いてみよう!
と家にいったん帰宅すると
丁度旦那が先住犬の運動から帰宅した所で鉢合わせ。

なので2周目はその子(ボス犬じゃないけど、勇気と大の仲良し)と一緒に歩きました。
相方は先住犬で私が勇気を。


そうしたら、どーでしょう。
尻尾は上がり、足取りも軽快。
なんとなんと、怯えることなく、普通にお散歩出来ました♪
おまけに途中で、排便まで・・・。

群れって、つえ〜〜〜〜!!!!笑




よし。
こんなに落ち着いて歩くことが出来るのなら、今度からはボス犬とお散歩に行くことにします。



勇気は先住犬の様子で物事をよく判断しています。
我が家にはよく来客があるのですが、先住犬が警戒モードだと、勇気も絶対にバリケンから出てきません。
けど、来客があっても先住犬が警戒せず、穏やかな状態だと、バリから出てきて、室内をふらふらしています^^

穏やかでフレンドリーな先住犬が居るお宅だと、勇気も見習ってくれると思います(*^-^*)




DSC04855


今日は雨なので、ちょっとつまらなさそうな勇君です☆彡

ふと気づくと、私のすぐ後ろで眠っている事が、よくあります。

怖いながらも、なんだかんだ、近くが良いのよね(笑)


今日は我が家のボス犬に怒られて、びびションがでてしまった勇君なのでした(*´ω`)

DSC04692


昨晩、馬テールの乾燥おやつを食べてる時の写真です。

DSC04696


DSC04703


この他、自家製ササミジャーキーなんかも、大好き☆彡


それより!

上の暗い写真を見てお気づきでしょうか〜。


DSC04705


毛色の模様が〜〜〜〜〜!笑
特に顔!


DSC04708



アンダーコートも抜け落ち、夏毛に。
ずいぶんほっそりとしてしまいましたが
間違いなく、勇ちゃんです☆(*^-^*)

DSC04689


バリケン、一回り大きなものに変更しました。(ちょっと前に^^;)
写真はさっき撮影したばかりの物です。

前のバリケン、窮屈になってしまって
大きく育ったのを感じます。

新しいものに設置した直後は、警戒してなかなか入ってくれなかったけど
2〜3回で慣れて、自分の部屋と認識してくれました(^_-)-☆


このバリケンなら、中でのびのびヘソ天出来るので、勇気君も気持ちよさそうです♡


敷物は初めのころ敷いていたのですが、カミカミしてゴックンしてしまうので
カミカミだけなら良いけど、飲むのはマズイよ〜
って事で、暫くおあずけです。


最近やっている事

時間を決めて、部屋での係留。

これなら逃げ場がなく、隠れる場所もないので、
勇君、開き直ります(笑)
私の傍に居させます。


ホントはもっと最初からやっていたのだけど、革や布リードしかなくて
全部噛みちぎってしまったので、断念。
今は噛みちぎれない素材(ワイヤー系やチェーン)のものを、つぎはぎして繋いでます^^;




里親希望の方も、最初は部屋で係留した方が良いかもしれません。
この方が手ごたえを感じます☆彡

DSC04498


6月10日の勇気君の写真です♬

前回の更新の日付を見て、あわわわ・・・・💦


放置しすぎですね^^;;;

絶賛里親様募集中で〜す☆彡

ここ最近、またまた耳が寝始めたゆうちゃんです。

DSC04253


最終的に立つのか?このままなのか?
耳の行く末が、気になるところ( ´∀`)つ


どうですか?
この写真。

だいぶ険が取れて、家庭犬らしい顔つきになってきたと思いませんか。


今日はお庭で私が歩いていたら、手に向かってカプ、カプ・・・・
と甘噛みちょっかいをかけてきましたよ(*´▽`*)


DSC04233


今日は雨&昼間の強風で、なかなか排泄をお庭でしてくれませんでした。

なんとかオシッコだけお庭で済ませてくれたものの
うんPが出来ない。

繊細だねぇ・・・・


もう室内のどこでもいいからしてほしいと思って
適当にトイレシーツを敷いたら
その数センチ隣に、大きなブツをしてくれました^^

スッキリスッキリ。
良かったー。



そして、去勢手術後の抜糸をしました。

旦那に抱っこをしてもらって、私が抜糸。(5本の糸)

一切暴れる事なく、お利口にじっとしていてくれたので、最後にマグロオヤツを
抱っこされたまま、5粒ほどあげました〜!

もちろん、パクパク完食🎶

抱っこされながら食べる様子がこれまた可愛い♡

今日はリードを付けて、クレートから出して、抱っこの練習。

膝の上で、まぐろの角切りオヤツを手からパクパク。
ちゃんと食べてくれました!



そのまま膝の上で20分程(私はTVを見ながら・・・・)眠りました。
熟睡ではないけど、顎を私の膝につけて力を抜いていたので、そこそこリラックスをしていたんだと思います。


で、一度だけ顔を上げて、私の口元をクンクン・・・・と触れる程の超至近距離。
この行為は初めてです^^v

その後、ゆっくりリードを外して、両手を広げて解放すると
飛び出していかずに、私の膝の上で、ゆっくりノビをした後
テケテケと去っていきました。


順調順調。



ところで、勇気って元野良なんだなぁ〜って思わせる事があります。

それは、雨降り後にお庭の水たまりを飲む事。
器から飲むより、雨水を好みます。
というのは、食器から食べ物を食べるとか飲むとか、そういった習慣がなかったわけですから
食器が苦手なのです^^;
毎日食事をしているので、だいぶ慣れてきてはいますが
それでも、雨水 v.s 食器の水という選択肢があると、雨水を適当に飲んでしまいます・・・・。
(出来るだけクレート内で飲水させてから、解放するけど)

こちらとしては当然食器から飲んでほしい訳で・・・・。
晴れが続くと、および腰で食器から飲んでいるので、早く慣れてほしい所です。
(ステンレスバケツからは飲めないので、小さい食器を勇気用に置いた)



もう一つ。
落ち葉とかをムシャムシャ食べるんですね〜。
昔覚えた空腹の凌ぎ方なのでしょうか。
今日は蛾が飛んでいたのですが、それをものすごい速さで追いかけて仕留めていました^^;
野良時代、どれだけの空腹に耐えてきたのだろう・・・・と思うと、とても胸が痛みます。

当時、生後4か月だった勇気が捕獲された理由は、ドブに2日間はまっていたから。
まだ3月という寒さ、自分ではどうにもできない怖さ、おまけに空腹だったに違いありません。


本当に野良で生きると言うことは、過酷な環境ですね。
早く警戒心がとけて、安心して暮らしてほしいと願います。

本日は、朝一だけ耳が垂れていました(笑)
DSC04188


ちょっぴり寝ぼけまなこ?

DSC04190


DSC04194


DSC04197

ノビーーーー!

↑このページのトップヘ