片付けや清掃は人件費がかかるので、事前に分別は賢いノウハウ!
ゴミ屋敷清掃 in浦添

それはやってきます!・・・とくに暑くなる夏場!
南国では・・・伐採や納屋の大掃除、そしてゴミ屋敷の片付け・清掃などの季節がやってきます。

沖縄全体でもいえることですが、浦添市でも最近では、一人暮らしの方が増えているので業者に依頼する場合が多いのです。

gomi
一軒家まるごとのゴミ屋敷となると思っている以上に多い。浦添でも2部屋+納戸でトラック2杯分にもなったとか。実際に、浦添の場合には、片付けと清掃の時に、古紙回収を呼んで分量をかなり減らす等、いろんな方法を取ってコストを下げました。
>浦添市の事例(不用品・廃品回収)ページはこちら!

bottan
●ゴミ屋敷の3割は衣類と紙類 ;浦添でのゴミ屋敷・清掃
浦添でも、どこでも同じかもしれませんが、ゴミ屋敷の構成は、3割が紙と衣類、3割が家具、残りの3割が家電など、その他の雑多なゴミ類です。沖縄では、ゴミ処分のための施設がひとつしかなく、片付け清掃の手間を考えると、業者にやってもらったほうが時間的に得かもしれません。新聞紙や雑誌などの紙類は古紙回収へ。また家電などはリサイクルできるものを分別しないと、すべてにリサイクル処分費がかかってきて割高・・・。

●片付けと清掃を安くする方法 ;浦添でのゴミ屋敷・清掃
ゴミ屋敷の業者に片付け・清掃を依頼する時に、処分費に匹敵するコストが人件費浦添から処分場までの往復の交通費や時間の拘束分がかかるのです。そこで浦添の場合は、事前に必要なものをお客さんに分別してもらい、一気に運び出して時短を行いました。片付け作業が遅い場合、2日間に渡ると人件費も嵩むので、ゴミ屋敷を早く終わらせようと思うなら、必要なものを事前に分別しておくのが肝要です。
>>引っ越しの粗大ゴミでも活躍する2tトラックの積載量!

==浦添の事例で学ぶ!~ゴミ屋敷の清掃ノウハウ~
ペットボトル、古新聞・古雑誌などの紙類、衣類や布団など、嵩張るけれども軽い物がある。こういった嵩張るけれども軽い物は、ゴミ袋にどんどんと入れて、一気に出してしまうと早い。大きな家具や家電が運び出せるようなレベルになれば、思いの他、早く片付いてしまいます。

>洗濯機や冷蔵庫など処分の事例 (浦添市
>浦添市におけるリサイクル家電(電子レンジ・ガスコンロ)など