那覇市の商店主S様から、テレビは修理か廃棄かのご相談!
テレビ修理費用内訳

保証期限の切れたテレビの修理費用は割高、これは沖縄の那覇市でも北海道の札幌市でも日本全国どこでも同じ・・・。

その理由は・・・

 技術料の大半はコレ >故障診断 +修理作業 =時間分の労力

1234
なんで修理費用・診断費用は高いのか?それは、故障箇所を明らかにし、二次的な損傷はないか、部品の交換は必要か?などを調べるのに、テレビを修理する前に調査するところで大量の労賃がかかるからです。沖縄(那覇市)の場合にはサポートセンターがないメーカーも多いので特に、その傾向は多いようです。
>那覇市の不用品回収・さまざまな事例ページ 

bottan
●故障箇所を探す手間とは? ;沖縄・那覇市のテレビ・・・修理or廃棄?
電話聴取から、テレビの故障部位と故障の程度を推測します。その内容は、例えばテレビの受信障害だと、テレビそのもの?それともアンテナ?電力線の問題?という具合。那覇市S様のように、完全にテレビが映らない場合だと、電源プラグの抜け?古いテレビだと同軸ケーブルが外れている?ということも起こります。

●修理するテレビの部品って? ;沖縄・那覇市のテレビ・・・修理or廃棄?
まず那覇市の修理工場へテレビが運ばれる前に、修理するテレビの部品や専用工具の準備を行います。さらに修理部品の保管管理と倉庫保管の場所代の費用なんかも、実際にはかかっています。
(*テレビの部品は純正部品とは製造する際に組み込んだものと同じ仕様のものが必要。)
また、部品代金には、部品そのものの代金だけでなく、修理に付随する潤滑油や絶縁テープなどの消耗品代と、その管理もまとめて費用に含める必要が出てきます。やはり事業活動なので・・・従って、修理するテレビの部品は割高です。那覇市の場合だと本土と違い、那覇工場に部品がなければ空輸する必要もあり、であれば本土の工場に送るというコストがかかります。

●修理するテレビの出張費は? ;那覇の修理テレビ・・・廃棄した方がいい?
テレビを修理するスタッフが那覇市や沖縄市、或いは名護市まで出向いて修理する場合、直接の往復時間を要します。車や電車を利用すると、その費用も必要となってきます。これらの移動中の労働時間も合算したものが出張費です。自身で壊れたテレビを修理工場へ持ち込み、修理したテレビを持ち帰れば、この費用は不要となります。


これが一般的なテレビの修理の肯定と、費用を考察した内容です。

このように考えると、那覇市S様の場合は、修理よりも生産する方が流れ作業ゆえに、コストがかからず、なので古いテレビを修理するよりも処分してしまって、新しいテレビを購入して方がコスト的には得!ということも起こります。

>テレビを梱包して廃棄する事例(那覇からも送れるそうです!)

なかなかリサイクル・・・考えさせられますね・・・。