梅雨に入りました。連日の大雨です。

この機会を利用して、これまで解決できなかった雨漏りをなんとか修繕したいと、あれやこれやの手で試行錯誤しています。

 

実は、雨漏りは原因箇所の特定が非常に難しい修繕です。

屋根は傾斜がついており、穴があいた箇所の直下から雨漏りするわけでなく、瓦の下の何らかの「ルート」を伝って全く違う場所から雨漏りしたりします。

 

しかも、沖縄の古民家は屋根の傾斜が緩やかで、雨漏り箇所の特定をさらに難しくしています。

 

いずれにしても雨が降らないと修繕箇所の当たりをつけるのも難しいのですが、やっと梅雨に入ったからと、あちらの瓦に漆喰を塗りこちらの瓦を修繕してコツコツと直しているものの、いっこうに雨漏りが解決する気配がありません。

 

もう挫折寸前です。

 

 

・・・・で。

もういっぺん、屋根に登ってみた!

 

 

もうこの際、ブルーシートで屋根の広範囲を覆い、それで雨漏りしなければそのシートのどこかに雨漏り原因があるということで、そこから徐々に絞っていく方針に切り替えてみました。

 

P_20170618_154119_vHDR_Autos


とりあえず、てっぺんからブルーシートをかけていきます。
P_20170618_154526_vHDR_Autos
(↑ちなみに、白いところは漆喰を塗って修繕を試みたところ)


ブルーシートを広げて、柱の材で重石をおいていきます。
P_20170618_155135_vHDR_Autos


古民家の屋根のてっぺんでポーズをとるDIY女子(笑)。
P_20170618_155621_vHDR_Autos


屋根の上からは、散髪(=剪定)したフクギ(=沖縄の垣根)がよく見えました。
集落の皆さんが剪定してくださったんです。

P_20170618_155843_vHDR_Autos



今日は、エイヤっと方針を切り替えてブルーシートをかけたご褒美にと、現場の縁側で沖縄豚のスモークです(ええ、自分たちへの勝手なご褒美です、はい)。
P_20170618_162521_vHDR_Autos



とりあえず今日は、屋根の4分の1を覆ってみました。

雨漏り箇所の特定につながりますように。。。

「古民家の神様」がいたら、助けてくれるでしょうか。助けてー。

 

 

 

後日談:

梅雨が明けました。

 

そしてなんと!

 

ふらっと現場を訪問してくれた人を案内しているときに、「雨漏り対策でブルーシートかけてみてるんですよー、どこか特定できるといいんだけど。。。」と言ってみたら、「あれ?あそこ、なんか青くないですか?」と。

 

ん?

そこ、見上げたことなかったな。。。

 

確かに青い、青いぞ。

それ、ブルーシートだ。。。

P_20170630_151820_vHDR_Autos


別の角度から見てみましょう。

大きい。

しかも、2か所も。

P_20170630_151836_vHDR_Autosr


もしかして、もしかして。。。

これって、「古民家の神様」が助けてくれたんだろうか。

そうに違いない。

 

来週あたりから、この穴をなんとかしようかな。

 

 

ホームに戻る