2018年11月23日(㊗️金)、24日(土)の2日間、神戸市東灘区の御影公会堂3Fで『加西・うずらの飛行場関連 海軍航空隊地域間連携シンポジウム』が開催されました。
2018加西うずらの飛行場関連海軍航空隊地域間連携シンポジウム1

開催の2日間、会場で「やまつくオフ会」メンバーで「モデルアート社出版 艦船模型スペシャル」誌面などでお馴染みのプロモデラーハイギヤードこと渡辺真郎氏の艦船模型作品をはじめ、ブログ「特選空母」のけんちっくさんの作品など、国内トップレベルの超精密模型の他、おいらのジオラマ作品及び、有志の方々の模型を展示をさせて頂きました。

その模様を毎度お馴染み旅日記にて、~前編、~後編、~展示模型編、の3回に分けてレポートさせて頂きます。
最後までお付き合いよろしくお願いします(^^ゞ

【2018年11月23日(金)】

初日、開催地である神戸市の御影公会堂に朝8:50集合でした。
201811230854002
■神戸市立御影公会堂
https://mikage-kokaido.jp/
201811230854001

おいらが到着した折には、うずらの飛行場未来プロジェクトメンバーの皆さんが到着されていました。
201811230841001

後ほどご紹介するサプライズなゲストも到着され、ご紹介頂きました。
201811230841002

この日は、ハイギヤードさんと2人で模型展示の準備だったのですが、奈良から神戸入りする道中、事故渋滞に嵌ったハイギヤードさんが、約30分遅れで会場入りされたのでした~遠路ご苦労さまでした。

作品と役者が揃ったところで、早速作品の搬入です。
201811231028000

初日はお仕事の都合で会場入り出来ない「けんちっく」さんからお預かりしていた作品の梱包を見て、ハイギヤードさんと2人で「やっぱりフルスクラッチされるモデラーさんは、作品の梱包まで丁寧だわぁ!」と、この状態で資料写真(ネタ写真とも言う)を撮影(笑)
201811230939001

おいらなんぞは~アクリルケースを注文して納品された折の段ボール箱をそのまま利用して、作品を梱包しているだけ(^m^)>
その違いを写真でご覧ください(爆)
201811221734001

作品が出揃ったところで、大方のレイアウトをハイギヤードさんに指示させて頂きまして、用意して頂いたテーブルに作品を展示していきます。
201811230945001

事前にテーブルの配置とサイズをお聞きしていましたが、現地で現状確認しないと、作品のサイズだけで計れない事もあり、ある程度のレイアウトは前日までに考えているものの、現物合わせでなければ出来ない作業でもあります。
201811230956000

持ち込まれた全ての作品をスペースに合わせて配置していきました。
201811230956001

作品は作者別に艦船から飛行機へと模型のジャンルが繋がる様に、ご覧頂く方が判り易いようにレイアウトさせて頂きました。
201811231024001

設営が落ち着いたところで、筑波海軍航空隊記念館 館長・金澤さん(写真一番右)にハイギヤードさんをご紹介し、今回模型展示のご依頼を頂いた、うずらの飛行場未来プロジェクト代表・為平さん(写真右から2番目)、やまつくメンバーの2人で記念撮影して頂きました。
201811231029001

でぇ!
冒頭に書きましたサプライズなゲストとは。。。

零戦エースパイロットとして有名な『谷水竹雄 飛曹長』のご子息の方がご来場になりまして、為平さんから朝一番にご紹介頂きました。
写真左、帽子をかぶる方が谷水さんです。
201811231003001

今回の模型展示に際しまして、谷水さんが、お父様の写真と搭乗機「零戦52型の1/32プラモデル」をご持参され、展示して欲しいと直接お願いされまして。。。

大変恐縮ではありますが、おいらの手で我々の作品と一緒に展示させて頂きました。
201811240931007

お父様である『谷水竹雄 飛曹長』は、終戦までに32機の撃墜を記録しており、独特の「撃墜マーク」で有名なエースパイロットだったそうです。

ハイギヤードさん作成の模型空母隼鷹を見ながらお父様が乗艦されていたお話や、撃墜数については記録に残らない物もあったなど、とても興味深いお話を沢山聞かせて頂きました。
201811240929002

思わぬ谷水さんとの出会いもあり、ハイギヤードさん共々大変素晴らしいご縁を頂いたと感謝しております。

そんなサプライズもあった今回の模型展示、作品のご紹介は、~展示模型編 にて後日ご紹介しますのでお楽しみに!

さてぇ~!
模型展示をさせて頂いたお隣のお部屋では、グッズ販売コーナーの設営もされておりました。
201811231150001

うずらの飛行場未来プロジェクト様にご採用頂いた株式会社アシダ製造の、鶉野飛行場オリジナルキャップの販売。
201811231026001
201811231027001

筑波海軍航空隊記念館様にご採用頂いた、株式会社アシダ製造のオリジナルアポロキャップも販売頂きました。
201811231027002
201811231027003

弊社が作らせて頂いたオリジナルキャップをご販売頂きました、うずらの飛行場未来プロジェクト様、筑波海軍航空隊記念館様、ありがとうございました。

これからも帽子作成を通して、皆様の活動PR等のお役に立てれば幸いです。

そして、今回会場での目玉展示の一つがこちら!
戦後初となる「日本人所有の機体による」、「日本人パイロット」での零型戦闘機の国内での飛行プロジェクトで話題となっている『零戦里帰りプロジェクト』の特別展示でした。
201811231052001
『零戦里帰りプロジェクト』
https://www.zero-sen.jp/
201811231052002

当時、零戦や紫電改などの軍用機に装備されていた計器類や無線機、照準器、一式陸攻作成の折に自作した「航空計算盤」など「本物」の貴重品が展示されたのです。
201811231052003
201811231052004

プロジェクトに携り、これらの貴重な機器類を持参してお越しになられた柏木氏のご厚意により、ハギヤードさんと2人、特別に「照準器」を実際に持たせてもらいました♪
201811231054001

色々とご説明頂いた詳細は書けませんが、この照準器~見た目以上にずっしりと重いものでビックリしましたが、筑波海軍航空隊練習用零戦 ツ-1182号機及び搭乗員再現ジオラマ作品を作成したばかりだった事もあり、本物をこの手に持てた事、とても感激しました。
201811231055001
201811231055002

この様な機会は、モデラーとしてとても興味がある事であり、有意義な時間でもありました。
柏木さん、ありがとうございました。

そんなこんなで気が付けば~お昼になっていた!

早朝から設営やなんやでバタバタしていると、腹が減った(笑)
と言う訳で、この日の昼飯は~以前、為平さんがSNSにUPされていた~会場直ぐ側のラーメン屋さんに、ハイギヤードさんと2人で行って来た♪
201811231210001

おいらは~餃子とご飯がついたセットにしました(笑)
201811231211002

チャーシューが沢山入っていて、細いストレート麺が美味しいラーメン!
201811231210002

餃子も美味しく頂き~腹一杯になりました。
201811231211001

食べに行ったラーメン屋さんはこちら(笑)
神戸の中華そば「もっこす」さんでしたぁ~( ̄ー ̄)ニヤリッ
201811231221001

ご馳走様でしたぁ~(^人^)

海軍航空隊地域間連携シンポジウム~後編 へつづく

このつぶやきが「いいね!」と思ったらポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします