2018年11月23日(㊗️金)、24日(土)の2日間、神戸市東灘区の御影公会堂3Fで『加西・うずらの飛行場関連 海軍航空隊地域間連携シンポジウム』が開催されました。

開催の2日間、会場で「やまつくオフ会」メンバーで「モデルアート社出版 艦船模型スペシャル」誌面などでお馴染みのプロモデラーハイギヤードこと渡辺真郎氏の艦船模型作品をはじめ、ブログ「特選空母」のけんちっくさんの作品など、国内トップレベルの超精密模型の他、おいらのジオラマ作品及び、有志の方々の模型を展示をさせて頂きました。
201811241500001
(写真左から、おいら・けんちっくさん・ハイギヤードさん)

その模様を毎度お馴染み旅日記にて、~前編、~後編、~展示模型編、の3回に分けてレポートさせて頂きます。
最後までお付き合いよろしくお願いします(^^ゞ

と言う訳で今回がレポートの最終回。。。
海軍航空隊地域間連携シンポジウム~後編につづき~展示模型編。

シンポジウム講演会場の一角に展示させて頂いた模型作品。。。
201811240932001

多くのご来場者の皆様にご覧頂きました。
その展示作品全点を一挙公開いたしますので最後までお楽しみください!

尚、作品の説明につきましては当日作品に添付したキャプション(おいらが作らせて頂きました。)がある物については割愛させて頂きます。

■特選空母 けんちっくさんの作品
20181123001
201811231712001
201811240929004
201811240929005
201811240930002
201811240930001
201811240934001
201811240934002
201811240934003

今回展示して頂いた天城の他に、2日目に会場入りされた際に、現在作成中の「1/350伊吹」のホワイトモデル(プラ板で組み上げた未塗装の状態)を持ち込んで頂き、披露してくれました♪

展示された空母天城も、このモデルと同じようにキットでは無く、プラ板等による自作で作り上げられたのです。
201811241148001
201811241147001
201811241147002
201811241147003

そして、こちらは「模型の絆展示会」で拝見していた「ニチモ30cmシリーズ 空母翔鶴」も持ち込んでくれました^^。
201811241146001

けんちっくさんとは、数年前からブログや模型関連のSNSでやり取りをさせて頂いてましたが、初めてお会いしたのが「鶉野飛行場資料館」だったご縁もあり、今回、為平さんに是非参加して頂きたいとお願いされて、おいらから依頼しておりました。

けんちっくさん、展示協力ありがとうございました。

■ハイギヤードさんの作品
20181123002
201811231647002
201811240926003
201811240926004

20181123003
201811231647003
201811240927001
201811240927002

20181123004
201811231647004
201811240927003
201811240927004

20181123005
201811231647007
201811240929002
201811240929003

20181123006
201811231647006
201811240928002
201811240929001

20181123007
201811231647005
201811240927005
201811240928001

20181123008
201811231647001
201811240926002
201811240926001

ハイギヤードこと、渡辺さんとはもう10年来のお友達で、彼がまだ「建築模型製造会社」にお勤めの時代からのお付き合いです。

2012年においらが幹事をした「やまつくオフ会in滋賀」にゲストとして参加お誘いして以来、今ではすっかり「やまつくメンバー」としてオフ会に参加いただき、独立してプロ活動をされるようになった現在も変わらぬお付き合いをさせて頂いています。

2016年においらが幹事をした「やまつくオフ会in姫路」の折に、鶉野飛行場の戦跡・遺構を巡るツアーを、為平さんのご厚意で開催させて頂き、そのご縁もあって、今年開催された「やまつくin新潟長岡」に為平さんにゲスト参加して頂いた折に展示依頼をさせて頂きました。

ハイギヤードさん~今回は本当にありがとうございました。
君と共に展示会が出来る日が来るなんて夢のようでしたよ(^m^)>

■屋根裏部屋の男こと、おいらの作品
20181123009
201811240931001

20181123010
201811240931002

20181123011
201811240931004

20181123012
201811240931003

ご来場頂いた方々にはそれぞれの作品についてご好評を頂き、模型に関心を持って頂けてことが嬉しかったです。
ありがとうございました。

■有志の作品

左のぬいぐるみは、「紫電改」と「北条鉄道」で手作りの素敵な作品でした。
右のモデルはハイギヤードさんが「うずらの飛行場未来プロジェクト」に寄贈された1/48スケールの紫電改です。
201811240931005

前編にて先にご紹介ました、零戦エースパイロットとして有名な『谷水竹雄 飛曹長』のご子息である谷水さんにご持参頂いた、お父様の写真と搭乗機「零戦52型の1/32プラモデル」です。
201811240931006

かつて紫電改を生産していた現在の新明和工業で、長年航空機に携って来られた方の大戦機玩具コレクションです。
201811240932002

プラモデルでは無く、「トイザらスにて販売されていた玩具です」と聞いたこれらのモデルは、1/18スケールとの事で、物凄く大きなモデルで玩具とは思えない程精巧な造りでした。
201811240932003

操縦席には「アクションフィギア」(手足などが可動式で自由にポーズをつけれる)が操縦桿を握る姿が見られ、驚きましたよぉ(^m^)>

こちらは、奇しくも、おいらが展示させて頂いた山本長官が座乗した一式陸攻を撃墜した「双胴の悪魔」と呼ばれたP-38ライトニングです。
201811240932004

と言う訳で、以上が今回展示された全ての作品紹介です。

今回、我々の模型作品にスポットを当てて頂き、素晴らしいイベントに参加させて頂きました、うずらの飛行場未来プロジェクト代表の為平さんに感謝です。

この2日間、ご来場頂き、作品をご覧頂いた全ての方々と、筑波海軍航空隊記念館館長の金澤さんはじめ、各地の皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


海軍航空隊地域間連携シンポジウム~<完>

このつぶやきが「いいね!」と思ったらポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします