2019年12月21日(土)から22日(日)の2日間!
『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』が開催されました。

その模様を、~前編~後編、~展示模型編、の3回に分けてレポートさせて頂きますので、最後までお付き合いよろしくお願いします(^^ゞ

【2019年12月22日(日)】

イベント2日目
この日も早朝から気球が飛ぶ加西・鶉野飛行場の滑走路跡に朝8時前に到着。
201912220753003

一般の来場者とは別に用意されたイベント関係者用の駐車場に車を停めます。
201912220753001

備蓄倉庫に紫電改レプリカが見られました。
201912220753002

イベント両日とも、先着限定での気球搭乗体験が行われていました。
201912220755001

同じ場所を気球に乗って上がって下りるだけの体験ですが大変人気で朝5時頃から順番待ちの列が出来ていたと後で聞きました。
201912220755002

乗ってみたかったですが、運営の仕事があるので断念です(^m^)>
201912220758001

2日目は初日よりも出店数が少なくなっていました。
201912220758003

でぇ!
この日は『2019・うずらの遺産ツーリズム』開催という事で、参加受付テントの設営から一日が始まりました。
201912220758002
2019・うずらの遺産ツーリズム

受付の設営が終わった後、一度、『航空機装備品・海軍艦艇精密模型展示会』会場の鶉野中町公民館へ移動しまして、開場準備をしてから、前日山形県より来西された「とみーさん」と、そのブロ友「釣り人知らず」さんをご案内して飛行場跡へ移動しました。
201912220827001

ここで、ツーリズムのミーティングを行いました。
先月開催された「加西・うずらの飛行場秋のバスツアー」でお世話になった、地元高校生の皆さんが定点ボランティアガイドを担当してくれました。
201912220836001

今年の10月の研修から参加してくれている高校生の皆さんです。。。
201910261302001
201910261312001
201910261330001
(写真は10月の研修の折に撮影)

先月のバスツアーでお客様を前にして実習し、自信をつけた皆さんは今回も素晴らしいガイドをしてくれました。
201912220836002

ミーティングが終了後、ハイギヤードさん、柏木さん、とみーさん、釣り人知らずさんは、ガイドツアー開始前に為平さんの案内で戦跡を見学するとの事で、おいらは公民館に戻りました。
201912221402000
201912221402001

開場前に、レポート用に模型展示の会場を撮影しました。
先ず、大会議室入り口正面の目立つ場所に物販コーナーを設けました。
201912220911000

今回は、西村書店さんがコミック本を、モデルファクトリーハイギヤードさんがキーホルダーを販売して下さいました。
201912220911001
201912220911002
201912220911003

左手に筑波海軍航空隊記念館のパンフレットや模型関連雑誌(資料)を陳列。
201912220916002
201912220916003

その奥に艦船模型を展示し、窓(壁)面に航空機計器類とおいらのジオラマ模型作品を展示させて頂きました。
201912220919001
201912220921001

そうする内に、模型展示でお世話になったけんちっくさんが到着されました。

この日も小さいお子さん連れのご家族も多くご来場いただき、老若男女多くの方々に模型作品にご興味を持ってご覧頂きました。
201912220948001
201912220948002
201912221036001

けんちっくさんが、柏木さんの資料本や、航空機図面に興味を示しまして!
しゃがんで見入っているところをハイギヤードさんが写真を撮っていたので。。。
201912221037001

おいらも隠し撮り?!(笑)
おいらにとって、このお二人は大切な友人であり仲間です。
201912221039001
201912221039002
201912221039003

さてぇ~!
けんちっくさんも会場入りして下さった事もあり、ハイギヤードさんとお二人にお任せして、午前中おいらはツーリズムのサポートで、スタッフのお弁当の手配などで出たり入ったりしていました。
201912221112001

ここで新明和工業(紫電改などを製造した旧・川西航空機)の技術者の方にお越しいただき、紫電改の説明などを担当して頂きまして、ガイドツアー参加者の皆様をお迎えしました。
201912221124001
201912221210001
201912221210002

おかげさまで、今回のガイドツアーは4組ともに定員一杯のお客様をお迎えし、地元高校生の皆さんの素晴らしいガイドの力添えもあり、ご好評の内に終了することが出来ました。

そのころ、展示会場では講演会の準備を進めてくれていました。
201912221228001

午後からの講演会では、新明和工業の技術者の方から、紫電改を製造した技術が戦後、救難飛行艇US-2の開発に役立った事など、大変興味深いお話をして頂きました。
201912221339001
201912221340001

その後、柏木さんによる『零戦里帰りプロジェクト』の講演が行われました。
201912221510001

こうして、2日間のイベントが無事終了しました。
201912221339002
会場の撤収作業終了後に、今回のイベント運営者とご協力いただいた皆さんとの記念写真撮影をさせて頂きました。
201912221645001

改めまして、ご来場いただきました全ての皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

そして多くの皆さんのご協力を頂き無事にイベントを終える事が出来ました。
ありがとうございました。

会場でお世話になった皆さん、2日間お疲れ様でした。
今後ともよろしくお願いします。

次回はレポートの最終回!
今回展示させて頂いた模型作品をご紹介させて頂きます。
最後までお付き合いの程、よろしくお願いします(^^ゞ


『鶉野飛行場周辺地域活性化イベント』~展示模型編 へつづく

このつぶやきが「いいね!」と思ったらポチっと応援お願いします。
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします