新作『ザーメンぶっかけ催眠』のダウンロード販売は、もう少しお待ちください。なお、Twitterで何人か完遂された方がいらっしゃいますが、まあ、やっぱりきついよね。でもやり遂げた達成感や満足感は大きいと思いますよww

 で、Twitterにもまとめましたが、VoreCafe行ってきました!はっきり言ってすごかったです。もう、ずっとイってました。未だに子宮が疼きます(ないけど)。また行きたい!
 ただ、6時間程度いる予定が体力の限界を迎えてしまい途中で断念。もったいないことをしました。なので半分失敗レビューなのですが、よろしければ読んでください。

【いざVoreCafeへ】
Vore01 VoreCafeは完全予約制なので、予約は必須です。俺は、開店直後に自分のスケジュールに合わせて取ったのですが、某氏の漫画を某氏が拡散したおかげで予約が殺到し、現在はかなりとりにくい状況になっています。それでも空いている日はあるので早い目の予約をお勧めします。なお、平日は21時開始のみ、日中に行きたい方は休日必須ですね。
 場所ですが、東京住まいの俺でも初めて乗ったJR相模線(なんと単線)のこれまたローカルな下溝という駅にあります。指定の時間に、店長さんが迎えに来てくださるので、談笑しながらお店まで。そして扉を開けると、全長3mの巨大なダブルレイヤードシャチフロートがでーんと!その段階でもう、期待が高まりすぎて心臓がドキドキします。妙なつばが湧き出てきます。これって恋か?

【選んだオプション】
Vore02 店長からシステムの簡単な説明と、オプション選択を促されます。はじめての私はいろいろ教えてもらいながら(ほぼ店長のいいなりで)決めました。
  ベーシックコース 6000円
  白濁液粘液    3000円
  バスタオル    1500円
  フェイスタオル   500円
  Vore音声      300円
  つぶつぶゼリーL  2000円
  電気毛布     2000円
  加湿器      1000円

 Vore音声を選ぶと、イヤホン(カナル・インナーイヤー型)とイヤホンがずれないための水泳キャップを借りられます。バスタオル・フェイスタオルは持ち込みでも良かったかな。電気毛布と加湿器は、店長のお勧めに従い追加しましたがこれが後でとんでもないことに。つぶぶつゼリーも店長のお勧めでLを選択。店長ご自身はいつもXLで楽しむそうですww。
 で、誓約書(死んでも店は責任持たないよ、ってなことが書いてある…ウソ。一般的な免責事項と注意書きです)を本名でサインして、ここからがスタートです。

【シャチ胃袋の中へ】
Vore03 で、シャワーを浴びて全裸になります。水着(女子用スク水)も持っていったですが、店長さんの絶対に裸のほうがいいですよーっていう言葉に負けて結局全裸に。気にしなくていいですよーって言ってくれたのですが男同士でもはずかしいので、入る直前までは腰にタオル巻いてました。
 ちなみに、俺はこのために陰毛まで完全にパイパンツルツルにしてました。首から下は完全に無毛。これ、めっちゃくちゃおすすめです。陰毛があると興ざめすること請け合い。ツルツルの皮膚にローションがまとわりついて、興奮は一気に高まります。
 まず足から寝袋に滑り込むようにインサート。事前のレビューでローションをなじませながらと書かれていたので、まず足を入れてローション(シャチ胃液?)を手で足にかけ、そのままグイっと中まで入ると完全に全身がシャチフロに飲み込まれます。それを見計らったように店長が呼吸用のチューブと加湿器のチューブを挿入、そして遂に蓋が閉められます。闇が覆います。もう逃げられない!

【シャチ胃袋で悶えまくる】
 シャチの中は、人間が完全に横になって足ピンしても余裕のあるサイズです。既にシャチ胃液が全身を覆ってますが、まだ若干余裕があるので手や足で胃液を全身になじませます。イヤフォンからはグチュグチュという音が(SEは店長の自作だそうです。リアルすぎ!こんどお願いしたい)流れてきますが、このへんはまだ余裕。そして、徐々に空気が入れられているのか、だんだんと圧迫が強くなる。ムギュー、助けて!もうこの段階で、シャチに食べられたんだ、今から消化されるんだっていうイメージが頭の中を覆って、既に完全にトランスしてました。
 ちなみに胃袋の中は真っ暗です。どうやら入れた後部屋の電気も消されているようです。俺はゴーグルは使わなかったのですが、ローションは目に入るとかなり痛いらしい。でも、どうせ見えないので目はつむったままにしていました。そして、気分がますます紅葉してきたところで……

 突然、シャチ胃袋がギューっと強く締め付けられ、全身を強く圧迫します。うぬぐぐぐぐ!ぎもちいいい!!もうこの段階で完全に出来上がっていた俺は既に1回目のオーガズム(ドライなんで射精なし…ちなみに射精したら終わると思ってたのでできるだけペニスは刺激しないようにしていました)を迎えてしまいました。そして、断続的に続く締め付けのたびに、絶頂を繰り返す俺。もうダメ!消化しないで!!そう思ってもシャチは無慈悲に全身を締め付けていきます。シャチ胃液が顔面まで覆い、呼吸が困難になりますが、なんとか生き抜くために自分で蠢き続けます(ちゃんと空気チューブから新鮮な空気が送り込まれ続けるので大丈夫ですww)。やっと訪れたインターバルに少し姿勢を変えたり(横向けやうつ伏せ)しましたが、また襲ってくる煽動運動で、絶頂がなんども訪れます。すごい!気持ちいい!!

【そしてあらたな消化液が】
Vore04 そして、既に息も絶え絶えになっているところに、つぶつぶゼリーのような消化液が注ぎ込まれます。生暖かい新しい刺激にさらに体が敏感になる。快感のボルテージが一気に倍加したように感じます。そしてまた訪れる煽動運動で、また全身が硬直しイってしまう。もうダメ!イきたくない!!これ以上イくと死んじゃう!!ってなっても、容赦無く快感が襲い続けます。空気が流れ込んでいるとはいえ、普段よりも少ない酸素のせいで、脳がさらにトランスに追い込まれていたようです。さらに、投入されたつぶつぶローションが、口をおおい、何度手ではらいのけても襲ってくる。さらにつぶつぶは、体全体にまとわりつき、胸や股間の敏感な部分をさらに快感のとりこにしていきます。この状態で、おそらく1分に1回程度の頻度でイきつづけてたように思いますが良くわかりません。
 で、さすがにイきつかれてこれ以上無理と思った俺は、店長に助けを求めたのです。この段階で、1時間ぐらいが経過していました。かなり頭がほてっていたので、一旦電気毛布と加湿器は止めてもらい、少し休憩してから再度シャチの体内へ!

【腸に送り込まれる】
 今度は、大丈夫な範囲で空気を入れ圧迫を強くしてくれるようお願いしました。シャチの中は、両手を万歳しても余裕で入れる大きさなので、まるで小腸のような細い管の中をたどっていくような感覚に。そして空気圧がどんどん上がっていく。すごい!もうほとんど動けない!!そして、シャチ体内のローションが圧迫によって全身にまとわりつく。顔の上にもどんどんとローションやつぶつぶが覆っていって、もう完全にシャチの消化管に取り込まれたようになります。もう助けて!死ぬ!!(死なないけど)などとつぶやきながらも、体は意に反してまた絶頂へと近づいていく。その状態でまた、煽動運動が始まる!一瞬でイく。そして止まらない、イくのが止まらない。!!そんな状態がしばらく続き、体力の回復を待とうとしますが、また突然始まる煽動運動に、もはや自分の意思で絶頂をコントロールすることはできなくなってしまいました。さっきとは全然違う強い締め付けに、もう身も心もボロボロになっていきます。そして、もうこれ以上は無理ってなった時、俺は再び店長に助けを求めたのです。これ以上は体力の限界だと感じたため、終了することに。

【敗因】
Vore05 結局、シャチの中にいたのは2時間程度でした。本当は6時間は入っているつもりだったのですが、全く果たせず、本当にもったいないことをしました(店長にもご迷惑をおかけしてしまいました)。実際、俺は軽い熱中症にかかっていたようです。
 まあ、最初から調子こいてイきまくったのが敗因です。最初はもっとゆったりと、ローションと締め付けを楽しみつつ、徐々にテンションを上げていくのがいいようです。
 あと、ドライオーガズムが出来る人は分かると思いますが、急激な体温上昇や血圧の上昇が起こります。さらに、常に空気が流れ込んできているとはいえ、酸素は全体に不足しています。これを、暖かいローション(電気毛布で加熱し続けられる)や加湿器による生暖かい空気の中で行うとどうなるかは火を見るより明らか。なんでドライするならもっとゆっくりするか、加湿器か電気毛布はどっちかにしておいた方がいいかと思います。

【今後行かれる人へのアドバイス】
 Vore音声はあった方が、没入感が全く違いますが、他の方のレビューにもありましたが、ケーブルが引っ張られて耳から抜けることが数度ありました。ケーブルの長さはあまり長すぎると首を絞めてしまう可能性もありますが、最初から上手く調整することが肝要です。
 あと、耳、鼻、口へのローション侵入は不可避です。耳は、Vore音声のイヤフォンを使えばなんとかなりますが、使わない場合は耳栓必須かと。あと、鼻への侵入はもうどうしようもないように思います。俺は帰宅後に鼻うがいをしましたが(つぶつぶローションが結構出てきた)、鼻腔が弱い方は気をつけたほうがいいかもです。あと、口にももちろん入ります。食用ではないようなので、ペッペしましょうね。
 つぶつぶゼリーは、個人的にはあったほうがいいと思いますが、呼吸の妨げになるのは確か。でもそのほうが、被食感があって臨場感は増しますね。今度はXLにチャレンジしたいです。
 電気毛布と加湿器は、最初はあったほうがいいですが、俺は途中で止めてもらいました(続けてたら本格的に熱中症になってたかも)ただこれはドライイキしまくったせいもあるので、リアル重視なら当然あったほうがいいです。
 あと、オプションとは関係ないですが、ある程度水分は多めに取っておいたほうがいいです(但し入る前には必ず小用は済ませておいたほうがいいですね。中では出来ないので。そして、これは重要ですが、できれば全身剃毛していったほうがいいと思います。ローション馴染みが良く、気持ち良さが半端ないですね。あと、淫紋はマストです(大嘘)

 というわけで、非常に貴重な体験が出来ました。お金と時間がある方は是非チャレンジを!